両社の提携により最適な生産性向上ソリューションを実現

Microsoft Office 365、Microsoft Dynamics 365、Microsoft SharePointとAdobe Signの連携により、どこにいてもあらゆる文書に電子サインを追加できます。

MicrosoftとAdobe Document Cloudの連携

  • 契約書を作成して、署名用に送信し、進捗状況をWord、PowerPoint、Outlookでモニタリングできます。
  • 信頼性の高い電子サインを利用して、契約書の送信、署名、トラック、ファイリングを、時間や場所、デバイスを問わずにMicrosoft Dynamics CRM内からおこなうことができます。
  • Document CloudソリューションとSharePointを併せて使用すると、PDFにすばやく安全にアクセスできます。また、リアルタイムでの共同作業やワークフローの合理化を実現できるほか、契約書の署名プロセスも短縮できます。
  • Microsoft Teams
    アセットや契約書の作成、共有、承認にMicrosoft Teamsを使用することで、コンテンツの制作および文書の承認プロセスをスピードアップできます。
    近日公開予定
  • Microsoft Flow
    Microsoft Flowでサポートされるお気に入りのアプリケーションに電子サイン機能を追加することができます。文書への署名後、自動的にタスクを開始し、通知テンプレートを使用して状況を管理します。
    近日公開予定
  • OneDrive
    OneDriveに保存されたすべてのPDFにAcrobat DCから直接アクセスして編集できます。場所を問わずに業務を継続でき、変更は自動的にOneDriveに保存されるため、文書は常に同期されます。
  • Microsoft Intune
    Microsoft Intuneを使うと、Adobe Acrobat Readerモバイル版アプリを安全に管理、配布することができます。これにより、組織内の誰もが、どこでもどのデバイスからでもPDFにアクセスできるようになります。
導入の相談はこちら
Adobe Signに関する情報や、環境に合わせた導入をご検討のお客様は、こちらからお問い合わせください。
0120-613-884
アドビのオンラインサービスは、13歳以上のユーザーのみを対象としており、その使用には追加の利用条件および アドビのプライバシーポリシーに同意していただく必要があります。オンラインサービスは、国や言語によっては提供されていない場合や、ユーザー登録が必要な場合があり、その全体または一部が予告なく中止または変更になることもあります。また、追加料金やサブスクリプション費用が適用される場合もあります。