煩雑な作業から解放され、ビジネスに集中

Adobe Document CloudソリューションをSharePointワークフローに追加すると、PDFにすばやくアクセスして、共有、トラック、署名することができます。

Adobe Sign + SharePoint = 電子サインでビジネスをスピードアップ

Adobe Signは、SharePointワークフローに対応しています。これら2つのアプリケーションを連携させると、契約書に電子サインして、契約成立までのすべての段階をトラックし、好きな場所に保存することができます。
  • すべてのデータを統合

    すべてのデータを統合

    プロセスをシンプルにしましょう。Adobe Signを使うと、データをSharePointのリストから文書テンプレートに直接追加できます。
  • 送信ボタンを押すだけ

    送信ボタンを押すだけ

    SharePointワークフローから離れることなく、必要な署名を受けることができます。組み込みロジックを使って、契約の種類や価格に基づいて、承認者とそのタイミングを簡単に選択できます。
  • 簡単に見つけて、すぐに参照

    簡単に見つけて、すぐに参照

    文書を簡単に検索、参照できます。すべての契約のステータスをSharePointのフォルダーやリストから直接確認でき、署名済みの文書は、クリック1つでアクセスできる場所に保存できます。
  • 場所を問わずに利用可能

    場所を問わずに利用可能

    自社のあらゆるSharePointユーザーが電子サインを利用できます。Adobe Signは、 Microsoft SharePointおよび SharePoint onPremと連携するため、速く、簡単に利用できます。

ハワイ州はデジタル文書ワークフローで生産性向上を実現

ハワイ州政府は、文書の署名にかかる時間を数日から数分に短縮するのに成功しています。CIOのTodd Nacapuy氏が、Adobe Signの機能を活用して、いかに生産性の向上を実現したかを紹介しています。

Acrobat DC + SharePoint =共同作業がこれまで以上に簡単に

Adobe Acrobat DCとSharePointを連携させると、チーム全員が必要なとき、必要なPDFに、簡単そして安全にアクセスできます。
  • 文書を簡単に共有

    文書を簡単に共有

    SharePointに保存されているPDFをAcrobat DCで開いて編集できます。共同作業が合理化されるほか、ファイルのチェックインおよびチェックアウトにより、バージョンも管理できます。
  • SharePointレビューをホスト

    SharePointレビューをホスト

    共同作業をリアルタイムで進められます。SharePointで共有レビューを開始すると、チーム全員が、コメントの入力、参照、返答を即座におこなうことができます。
  • コンテンツを統合

    コンテンツを統合

    すべてのコンテンツを1つの文書にまとめられます。Acrobat DCでは、様々な情報をSharePoint内の複数のソースから1つのPDFに統合して、より簡単にアクセスおよび共有できます。

MicrosoftとAdobe Document Cloudの連携

  • Microsoft Dynamics CRM
    信頼性の高い電子サインを活用して、契約書の送信、署名、トラック、ファイリングを、時間や場所、デバイスを問わずにMicrosoft Dynamics内からおこなうことができます。
  • OneDrive
    OneDriveに保存されたすべてのPDFにAcrobat DCから直接アクセスできます。また、すべての変更は自動的にOneDriveに保存されるため、文書は常に同期されます。
  • Office
    Word、Excel、PowerPointのコンテンツはPDFに変換できます。また、PDFはMicrosoft Office文書に変換できます。
導入の相談はこちら
Adobe Signに関する情報や、環境に合わせた導入をご検討のお客様は、こちらからお問い合わせください。
0120-613-884
アドビのオンラインサービスは、13歳以上のユーザーのみを対象としており、その使用には追加の利用条件および アドビのプライバシーポリシーに同意していただく必要があります。オンラインサービスは、国や言語によっては提供されていない場合や、ユーザー登録が必要な場合があり、その全体または一部が予告なく中止または変更になることもあります。また、追加料金やサブスクリプション費用が適用される場合もあります。