デジタルのワークフローで法務プロセスを高速化

Adobe Signがあれば、法務部のサポートがほとんどなくても、従業員単独で守秘義務契約書、請負契約書、ライセンス契約書などの法律文書を作成し、指定順に送信、署名、保管処理ができます。
 

本来の専門業務に専念

頻繁に使用するフォーム、契約、その他の定型的な法律文書は従業員が自分で処理できるようにしましょう。そのような定型契約の承認業務が減れば、法務部の専門知識をより重要な事案の処理に集約できます。
  • 承認済み文書

    承認済み文書

    承認済みの法律文書テンプレートを使用すれば、文書作成のたびに承認を得る必要がなくなります。
  • スマートフォーム

    スマートフォーム

    ビジネスロジックを組み込んだWebフォームを使えば、従業員が用途に応じた正しい法律文書を検索し、使用することができます。
  • 文書を指定順に自動送信

    指定順に自動送信

    受信者名を入力するだけで、要件に従って文書を指定順に送信することができます。

自分でできる簡単なセットアップ

時間も費用もかかる移行期間は不要です。設定済みのため、使用を開始したその日から法務文書の処理業務に使えます。ITサポートもコード変換も必要ありません。
テンプレートのカスタマイズ

再利用可能なテンプレートを作成

標準契約書に、フォームや署名フィールドを容易に追加できます。

ゼロからワークフローを構築

承認手順をプリセット

付属のワークフローテンプレートを使用するか独自にデザインして、文書を正しく指定順に送信することができます。

自分でできる簡単なセットアップ

コンプライアンス準拠は包括的に自動化

Adobe Signは世界で最も信頼性の高い電子サインソリューションです。Adobe Signであれば、 世界中の工業国で、電子サインが法的に有効、安全であり、コンプライアンスに準拠し、法的強制力があることが保証されます。
 
法的リスクとビジネスリスクを回避:ワークフローを自動化すれば、ミスを最小限に抑えることができます。締結した契約書は不正開封明示シール付きで保管します。また、文書処理のすべての手順で監査証跡を維持します。
 
リアルタイムのダッシュボードで中継:いつプロセスが開始し、誰が担当で、誰がいつ署名したかを確認できます。すべての法律文書の進捗状況を一覧表示することも可能です。
 
データのセキュリティとプライバシーを確保:PCI DSS、HIPAA、SOC 2 Type 2、ISO 27001など、主要な業界標準に準拠しています。

Adobe Signは代表的な業務システムと連携

ターンキー統合により、Adobe Signはいつもの使い慣れたシステム内ですぐに運用できます。

お客様に最適なAdobe Signプランをご用意

お得な価格

個人版

12,080
(税別)

グループ版

29,760
(税別)
必要なライセンス数を選択してください。後から追加することも可能です。

数量

ビジネス版

0120-613-884

エンタープライズ版

0120-613-884

アドビのオンラインサービスは、13歳以上のユーザーのみを対象としており、その使用には追加の利用条件および アドビのプライバシーポリシーに同意していただく必要があります。オンラインサービスは、国や言語によっては提供されていない場合や、ユーザー登録が必要な場合があり、その全体または一部が予告なく中止または変更になることもあります。また、追加料金やサブスクリプション費用が適用される場合もあります。