法的な承認を自動化してスピードアップ

法務部は、組織を保護するために信頼できる契約書を作成します。しかし、標準的な内容の契約書なのに、いまだにケースバイケースで作成しているのなら、業務のスピードが遅くなり、コストもかかります。Adobe Signは、安全で信頼性の高い自動化プロセスを提供し、このような問題を解決します。
  • 承認済み文書

    承認済み文書

    承認済みの法律文書テンプレートを使用すれば、文書作成のたびに承認を得る必要がなくなります。
  • スマートフォーム

    スマートフォーム

    ビジネスロジックを組み込んだWebフォームを使えば、従業員が用途に応じた正しい法律文書を検索し、使用することができます。
  • 文書を指定順に自動送信

    指定順に自動送信

    スマートなワークフローを作成し、デジタル文書を安全に、正しい手順で指定順に自動送信できます。
自分でできる簡単なセットアップ

自分でできる簡単なセットアップ

時間も費用もかかる移行期間は不要です。設定済みのため、使用を開始したその日から法務文書の処理業務に使えます。ITサポートもコード変換も必要ありません。
テンプレートのカスタマイズ

再利用可能なテンプレートを作成

標準契約書に、フォームや署名フィールドを容易に追加できます。

ゼロからワークフローを構築

承認手順をプリセット

付属のワークフローテンプレートを使用するか、独自にワークフローをデザインできます。

自分でできる簡単なセットアップ

作成からアーカイブまで、あらゆる段階でセキュリティを確保

最高レベルのセキュリティ標準に準拠した 電子サインソリューションにより、フルスピードで業務を進められます。Adobe Signの電子サインは安全性が高く、 世界のほとんどの国において法的に有効で法的強制力があります。
 
法的リスクとビジネスリスクを回避:ワークフローを自動化すれば、ミスを最小限に抑えることができます。締結した契約書は不正開封明示シール付きで保管します。また、文書処理のすべての手順で監査証跡を維持します。
 
リアルタイムのダッシュボードで中継:いつプロセスが開始し、誰が担当で、誰がいつ署名したかを確認できます。すべての法律文書の進捗状況を一覧表示することも可能です。
 
データのセキュリティとプライバシーを確保:PCI DSS、HIPAA、SOC 2 Type 2、ISO 27001など、主要な業界標準に準拠しています。

使い慣れたアプリを有効に活用

Adobe Signは、Box、Dropbox、Microsoft Office 365、Salesforce、Workdayなど、従業員が日々利用するストレージや生産性向上のためのビジネスアプリケーション内で実行できます。
Salesforceを使って、モバイルを活用してあらゆる場所から契約書の送信、署名、トラック、ファイリングを迅速かつ安全におこなえます。
あらゆる契約手続きに電子サインを導入することで、契約や見積の承認サイクルを加速します。
Think Smart
ThinkSmartは、アドビのテクノロジーによって統合された顧客のカスタムワークフローの構築を支援します。
導入の相談はこちら
Adobe Signに関する情報や、環境に合わせた導入をご検討のお客様は、こちらからお問い合わせください。
0120-613-884
アドビのオンラインサービスは、13歳以上のユーザーのみを対象としており、その使用には追加の利用条件および アドビのプライバシーポリシーに同意していただく必要があります。オンラインサービスは、国や言語によっては提供されていない場合や、ユーザー登録が必要な場合があり、その全体または一部が予告なく中止または変更になることもあります。また、追加料金やサブスクリプション費用が適用される場合もあります。