電子サインの作成方法

 

紙の文書に別れを告げましょう。Adobe Signを使用すれば、PDFの電子サインを簡単に作成できます。電子サインなら、ご使用のモバイルデバイスから、よりすばやく効率的に文書への署名を完了できます。

電子サインによる署名
電子サインで文書に署名する方法
電子メールにある、「確認して署名」のリンクをクリックします。

電子メールにある、「確認して署名」のリンクをクリックします。

1. 電子メールにある、「確認して署名」のリンクをクリックします。

署名が必要な文書の送信者から受け取った電子メールで、「... を確認して証明するにはここをクリックします」というラベルのリンクをクリックします。

文書内のメッセージをクリックします。

文書内のメッセージをクリックします。

2. 文書内のメッセージをクリックします。

署名する文書の「署名するにはここをクリック」フィールドをクリックします。

署名を作成します。

署名を作成します。

3. 署名を作成します。

ポップアップウィンドウが開くので、署名フィールドで電子サインを作成します。

署名オプションを選択します。

署名オプションを選択します。

4. 署名オプションを選択します。

4つの簡単なオプションから署名方法を選択します:名前を入力する、マウスで書く、署名の画像をアップロードする、またはタッチスクリーンに指でサインする。

文書に署名します。

文書に署名します。

5. 文書に署名します。

「適用」を選択して署名を署名行に追加し、署名した文書を承認前にプレビューします。

署名を確定します。

署名を確定します。

6. 署名を確定します。

下部にある「クリックして署名」を選択して、電子サインを確定します。

送信します。

送信します。

7. 送信します。

Adobe Signにより、確定された署名済みの文書が署名者と送信者に自動的に送信されます。

  1. 電子メールにある、「確認して署名」のリンクをクリックします。
  2. 文書内のメッセージをクリックします。
  3. 署名を作成します。
  4. 署名オプションを選択します。
  5. 文書に署名します。
  6. 署名を確定します。
  7. 送信します。
Adobe Sign

Adobe Sign 無料で始める

電子サインとは?

電子サインは、電子形式の文書やフォームに対する同意または承認の意思を、法的に有効な形で記録するための手段です。これには、より厳格な認証を必要とする電子署名も含まれます。事実上、あらゆる個人または業務プロセスにおいて、手書き署名の代替手段として電子サインが使用できます。

 

信用と法的効力

信用と法的効力

Adobe Signで作成した電子サインは法的に有効であり、法的拘束力を備えています。世界中の先進国における電子サイン関連法規に対応しています。

信頼性とセキュリティ

信頼性とセキュリティ

いつでも安心して使える高可用性と、高度なセキュリティおよびプライバシーを確保。世界中のどこでも優れた性能を発揮し、世界トップレベルの厳しいセキュリティ標準に準拠しています。

処理状況のトラッキングと管理

処理状況のトラッキングと管理

すべての署名のステータスを把握できるほか、通知の受け取りやリマインダーの送信、依頼の変更や取り消し、トランザクションに対する詳細な監査証跡の表示が可能です。

Adobe Sign - 電子サイン
信用と法的効力

信用と法的効力

Adobe Signで作成した電子サインは法的に有効であり、法的拘束力を備えています。世界中の先進国における電子サイン関連法規に対応しています。

信頼性とセキュリティ

信頼性とセキュリティ

いつでも安心して使える高可用性と、高度なセキュリティおよびプライバシーを確保。世界中のどこでも優れた性能を発揮し、世界トップレベルの厳しいセキュリティ標準に準拠しています。

処理状況のトラッキングと管理

処理状況のトラッキングと管理

すべての署名のステータスを把握できるほか、通知の受け取りやリマインダーの送信、依頼の変更や取り消し、トランザクションに対する詳細な監査証跡の表示が可能です。

関連トピック

下記の追加資料で、より詳細なインサイトをご確認ください。

電子サイン

電子署名

電子サイン

電子サイン

電子署名

電子サイン

Adobe Signの電子サインに関するよくある質問


Adobe Signは、法的に有効な電子サインを使用した文書やフォームを送信、署名、管理、アーカイブできる、Document Cloudソリューションです。アドビのwebアプリケーションやモバイルアプリケーションを使用するか、お好みのアプリケーション内で作業して、文書に署名し、他者に署名を依頼し、プロセスを追跡することができます。


はい。アドビは電子サインにおけるセキュリティを非常に重視しています。Adobe Signは、世界的に見てもきわめて厳格なセキュリティ基準であるISO 27001、SOC 2 Type 2と、クレジットカード業界で使われているPCI DSSに準拠しています。さらに、米国のHIPAA、GLBA、FERPAなどの業界固有の規制にも準拠しています。

 

Adobe Signの提供体制にはAdobe Secure Product Lifecycle(SPLC)が採用されています。SPLCでは、ソフトウェア開発のプラクティス、プロセス、ツールを網羅する1,000項目あまりのセキュリティ対策規定にもとづき、製品ライフサイクルの様々な段階において徹底したセキュリティ対策がおこなわれます。この体制によって、ID管理、データ機密保持、文書の完全性のいずれの観点においても、Adobe Signではお客様の文書、データ、個人情報が確実に保護されます。


はい。電子サインは世界中のほとんどの先進国で法的な効力と法的拘束力を持ちます。さらに、発展途上国の中にも電子サイン法を制定する国が出てきています。米国では、2000年にESIGN Actが可決され、事実上あらゆる用途において電子サインの効力が法的に認められました。EUでは、2016年7月にElectronic Identification and Trust Services Regulation(eIDAS)規則が発効しました。その他の国々でも同様の法整備がおこなわれています。詳しくは、 電子サインの法的な有効性に関するページをご覧ください。


Adobe Signでは、他のユーザーに署名を依頼する場合と再利用可能なテンプレートを作成するときに、様々な種類の文書をアップロードできます。使用できるファイル形式は次のとおりです。

  • Adobe PDF(.pdf)
  • Microsoft Word(.doc、.docx)
  • Microsoft Excel(.xls、.xlsx)
  • Microsoft PowerPoint(.ppt、.pptx)
  • WordPerfect(.wp)
  • テキスト(.txt)
  • リッチテキスト(.rtf)
  • グラフィック(.tif、.jpg、.jpeg、.gif、.bmp、.png)
  • web(.htm、.html)