Adobe Sign

Adobe Sign

アドビのフォームビルダーでwebフォームを簡単に作成

アドビのフォームビルダーでwebフォームを簡単に作成

さまざまな目的の文書をフォームに変換し、必要な人がwebサイトから直接フォームに入力できるようにします。

さまざまな目的の文書をフォームに変換し、必要な人がwebサイトから直接フォームに入力できるようにします。

フォームをwebサイトに埋め込む

webサイトにデジタルフォームを用意することで、顧客がどこにいても自分のデバイスから直接フォームに簡単に入力し、返送できる、インタラクティブな操作性を提供できます。ダウンロード、印刷、待ち時間は一切不要です。

フォームをwebサイトに埋め込む

webサイトにデジタルフォームを用意することで、顧客がどこにいても自分のデバイスから直接フォームに簡単に入力し、返送できる、インタラクティブな操作性を提供できます。ダウンロード、印刷、待ち時間は一切不要です。

webサイトを活用

リアルタイムの動向とデータを把握

スキャンしたフォームの提出物を受信トレイで探したり、誰がいつフォームに署名したかをトラックしたりする必要はありません。Adobe Signとwebフォームを使用すれば、リアルタイムにあらゆるフォームのステータスを完全に可視化できます。

リアルタイムの動向とデータを把握

スキャンしたフォームの提出物を受信トレイで探したり、誰がいつフォームに署名したかをトラックしたりする必要はありません。Adobe Signとwebフォームを使用すれば、リアルタイムにあらゆるフォームのステータスを完全に可視化できます。

リアルタイムの動向とデータを把握

webフォームを使用する理由

安全


オンラインフォームの電子サインは法的に有効であり、法的拘束力を備えています。また、自動的に保存され、取引履歴となります。

さまざまな部署でwebフォームを活用

 

職務免除申請や賠償責任免責同意書、秘密保持契約書などのフォームをオンラインで簡単にカスタマイズし、管理できます。

オンラインフォームの作成
Adobe Signでwebフォームを作成する方法:
webフォームを作成します。

webフォームを作成します。

1. webフォームを作成します。

「webフォームを公開」をクリックします。

webフォームを作成します。

webフォーム名を入力します。

2. webフォーム名を入力します。

名前を付けた後にフォームを編集することはできないので、名前が間違っていないことを確認してください。

webフォームを構成します。

webフォームを構成します。

3. webフォームを構成します。

web上での参照者の役割を選択します(署名者、承認者、受取人、フォーム入力者)。その後、受信者IDの種類を選択し、連署者を追加します(オプション)。

webフォームに使用するファイルを選択します。

webフォームに使用するファイルを選択します。

4. webフォームに使用するファイルを選択します。

文書を「ファイル」セクションにドラッグ&ドロップするか、「ファイルを追加」をクリックし、コンピューターからファイルを選択します。

ファイルを保存します。

保存します。

5. 保存します。

:右下隅の「保存」をクリックします。ここで、埋め込み用のフォームへのURLを取得できます。

フォームをwebサイトで公開します。

フォームをオンラインで公開します。

6. フォームをオンラインで公開します。

提供された埋め込みコードをコピーし、webサイト上のページ内に貼り付けるか、専用のセキュアURLを使用して共有します。

  1. webフォームを作成します。
  2. webフォーム名を入力します。
  3. webフォームを構成します。
  4. webフォームに使用するファイルを選択します。
  5. 保存します。
  6. フォームをオンラインで公開します。
オンラインwebフォームの作成方法について詳細を見る

まずは無料でお試しください

Adobe Signを体験して、そのメリットをご確認ください。また、ご質問がある場合や、お客様固有の状況に応じてカスタマイズされた見積もりをご希望の場合は、お気軽にお問い合わせください。