電子サインは法的に有効? もちろんです

Adobe Signは、幅広い法的要件に準拠し、コンプライアンスを担保する世界で最も信頼されている電子サインソリューションです。Adobe Signを、電子サインプロセスの構築から運用までのあらゆる段階でお役立てください。

電子サインは法的に有効?

電子サインもグローバル対応の時代

電子サインは世界中の先進国で信頼され、法的な効力と拘束力を持つ署名手段になりました。関連する法制度は国ごとに異なりますが、Adobe Signならコンプライアンスをシンプルに遵守できます。

米国

米国

米国では、ESIGN ActとUniform Electronic Transactions Act(UETA)が成立したことにより、あらゆる州で電子サインが手書き署名と法律上同等に扱われるようになりました。

EU

EU

EUでは、Electronic Identification and Trust Services(eIDAS)規則により、あらゆる種類の電子サインに法的な効力と拘束力が認められました。ただし、手書き署名と法律上同等に扱われる電子サインの種類は限られています。

その他の国々

その他の国々

電子サインを多数の国に展開するか、ひとつの国のみで運用するのかに関わらず、該当地域の関連法規の理解は不可欠です。アドビがシンプルにまとめた国ごとの法制度事情をご覧ください。

米国

米国

米国では、ESIGN ActとUniform Electronic Transactions Act(UETA)が成立したことにより、あらゆる州で電子サインが手書き署名と法律上同等に扱われるようになりました。

EU

EU

EUでは、Electronic Identification and Trust Services(eIDAS)規則により、あらゆる種類の電子サインに法的な効力と拘束力が認められました。ただし、手書き署名と法律上同等に扱われる電子サインの種類は限られています。

その他の国々

その他の国々

電子サインを多数の国に展開するか、ひとつの国のみで運用するのかに関わらず、該当地域の関連法規の理解は不可欠です。アドビがシンプルにまとめた国ごとの法制度事情をご覧ください。


法的有効性を確保する3つのポイント

電子サイン関連の法制度は国ごとに異なりますが、実は、ほとんどの国が同じ基本原則を共有しています。Adobe Signは国や地域を問わず、法的要件に準拠し、企業ポリシーを遵守できるように設計されています。

署名者認証

署名者認証

Adobe Signでは、ご都合に応じて最良の署名オプションを選び、署名者の真正性を検証できます。

標準的な電子サインでは、文書のリンクが記載された電子メールを署名者のアドレスに送信します。署名プロセスは安全な方法でトラックされ、監査証跡が記録されます。

拡張された電子サインでは、文書が署名者によって開かれる前に、パスワード、ソーシャルID、電話による認証、公的身分証明書などの認証方法を使って署名者の真正性を検証します。

電子署名(高度な電子サイン)では、署名の処理に証明書ベースのデジタルIDと暗証番号が使用されます。デジタルIDは通常、トラストサービスプロバイダー(TSP)によって発行されます。

署名者認証
意思および同意

意思および同意

Adobe Signには、意思確認および同意確認の文書化に役立つ機能が組み込まれています。署名者に署名の意思があること、文書の内容に同意したことの証拠を電子的に記録できます。

意思確認では、合意内容を受け入れる意思を示す署名かクリックのどちらか、または両方を署名者に要求します。

同意確認では、署名時または文書を開く前に、一般的な合意内容またはカスタマイズした合意内容を受け入れることを署名者に要求します。

電子サインの使用を希望しない署名者のために、手書き署名の選択肢を用意することもできます。

完了状態の記録

完了状態の記録

Adobe Signには、個々のトランザクションの明確な証拠を残し、誰がどの文書に署名したかを証明できるようにする機能があります。

処理が完了した文書にはアドビによる証明と改ざん防止の封印が施され、すべての関係者宛てにコピーが送付されます。

完了した文書は安全に保管されます。Adobe Document Cloudまたは指定のリポジトリを保管場所として使用できます。

電子署名が使用された場合、文書内の署名は暗号化されます。

あらゆる操作手順が記録され、セキュリティ付きの監査証跡に保存されます。署名者認証も記録の対象となります。

完了状態の記録

セットアップは簡単

セットアップは簡単

既に電子サインソリューションをお使いの場合は、そのままの状態でAdobe Signを使い始めることができます。標準プロセスには、署名者の認証、意思確認および同意確認、完了状態の記録をおこなうために必要な機能が含まれています。より高度なセキュリティや証明を必要とする署名プロセスが必要であれば、拡張された電子サイン、電子署名、または適格電子サインをプロセスに追加することも簡単にできます。


コンプライアンスへの確かな道筋

Adobe Signなら、あらゆる部門、あらゆるワークフローに電子サインを手軽に導入して、世界規模のエンタープライズ環境全体をカバーする完全にデジタル化された署名体制を実現できます。

理解

理解

最初のステップは、自社に該当する電子サイン関連の法律や規制要件を確認し、理解することです。具体的な関係書類、コンプライアンス要件、プライバシーに関する要求、重要な制約要因などを確認してください。

ポリシーを策定

ポリシーを策定

実際の合意書の内容を評価し、どのようなレベルの認証、同意確認、意思確認、証拠記録が効果的であるかについて、いくつかの意思決定をおこないます。決定した要素をすべて盛り込んだマスター電子サインポリシーを作成し、周知します。

要件を満たすワークフローを構築

Adobe Signを使って電子サインポリシーを実践します。誰でも間違いなく実行できる明快なビジネスプロセスを設計しましょう。コンプライアンスの強化に役立つワークフローテンプレートを、ドラッグ&ドロップ操作で容易に作成できます。IT部門のサポートは必要ありません。

アドビの電子サインは法務のエキスパートがサポート

実際の訴訟で電子サインの有効性が疑われることはほとんどありません。万一そのような事態が発生した場合はアドビがお手伝いします。アドビは顧客をサポートし、ソリューションの法的な有効性を弁護するために、ソリューションについての説明、宣誓供述書の作成、PMK(最も知識豊富な人)としての出廷、証言などをおこないます。

その他のご不明点について

Trust Center

セキュリティ、コンプライアンス、可用性に関する疑問にお答えします。

電子署名

証明書にもとづくデジタルIDを利用して、高度な署名者の認証要件に対応できます。

電子サイン関連法ガイド

電子サイン関連法の種類に関する資料をご覧ください。

導入の相談はこちら

アドビのソリューションに関する情報や、独自の環境に合わせてカスタマイズされた見積もりが必要な方は、こちらからお問い合わせください。