Adobe Sign

Adobe Sign

電子サインに関するコンプライアンスへの対応

電子サインに関するコンプライアンスへの対応

Adobe Signのクラウド署名は、世界各国の最高レベルのコンプライアンス要件に対応しています。つまり、ビジネスを止めることなく、信頼性の高いセキュリティを確保することができます。

Adobe Signのクラウド署名は、世界各国の最高レベルのコンプライアンス要件に対応しています。つまり、ビジネスを止めることなく、信頼性の高いセキュリティを確保することができます。

Adobe Signを使用すれば、グローバルコンプライアンスの実現は難しくありません

 

ヨーロッパに拠点を置く企業やヨーロッパで事業を展開している企業のお客様はおそらく、電子サインを使用するにあたって、eIDASなどの厳しい規制が適用されることをご存知ではないでしょうか。また、それを理由に導入を躊躇している企業もあるでしょう。しかし現在では、ダウンロードを必要とせずに、任意のデバイスで簡単かつ安全に署名できるようになっており、電子サインのあらゆるメリットを享受することが可能となっています。クラウド署名コンソーシアム(CSC)のオープンスタンダードを採用したAdobe Signの電子署名を使用すれば、高速性、セキュリティ、コンプライアンスに優れたソリューションを構築し、安心してビジネスを迅速化することができます。また日本国内においても、電子署名法 第2条第3条に基づきその法的有効性が認められています。

コンプライアンスを常に維持


Adobe Signは、最も厳しい電子サインの法律や業界特有の規制にも対応できるように構築されています。

比類のない柔軟性


電子署名でも、電子サインでも、またはそれら2つの組み合わせでも、Adobe Signなら、必要に応じて署名の収集をこれまでにないほど容易にすることができます。

ひとつのプラットフォームで実現するすべての規制に準拠可能

 

高速性、使いやすさ、セキュリティ、コンプライアンス。この中からひとつだけを選ばなくてはならない時代は終わりました。Adobe Signを使用すれば、クラウド署名コンソーシアムのオープンスタンダードを採用した現代的なクラウドベースのデジタルソリューションをグローバルビジネスに導入できます。世界各国の厳格な規制に対応できるこの製品の詳細については、アドビのガイド(「Adobe Sign: Fast, flexible, and compliant e-signatures for global businesses(英語)」)をご覧ください。


.

Adobe Sign:コンプライアンスのための新しい世界標準

 

世界初となる、オープンスタンダードのグローバルなクラウド署名

Adobe Signのクラウド署名は法的なコンプライアンスに準拠します。アドビは、オープンな証明書ベースの電子署名をクラウド上で実現する、初の電子サインソリューションを開発しました。アドビは業界のリーダー企業と協力してクラウド署名コンソーシアム(CSC: Cloud Signature Consortium)を設立しました。これにより、エキスパートトラストサービスプロバイダー(TSP)による証明書に裏打ちされた高度電子サイン(AdES)および適格電子サイン(QES)を使用して、自信を持って署名できます。

世界初となる、オープンスタンダードのグローバルなクラウド署名

Adobe Signのクラウド署名は法的なコンプライアンスに準拠します。アドビは、オープンな証明書ベースの電子署名をクラウド上で実現する、初の電子サインソリューションを開発しました。アドビは業界のリーダー企業と協力してクラウド署名コンソーシアム(CSC: Cloud Signature Consortium)を設立しました。これにより、エキスパートトラストサービスプロバイダー(TSP)による証明書に裏打ちされた高度電子サイン(AdES)および適格電子サイン(QES)を使用して、自信を持って署名できます。

クラウド署名コンソーシアム(CSC)に参加している各業界のトップ企業が推進している、オープンな標準規格にもとづくアプローチを使用した新世代の電子署名です。

世界規模のエコシステムによってリスク管理を支援

すべての国に、固有の法律や規制があります。そして、それぞれの国のすべての業界に、固有の法律や規制があります。そのような中、コンプライアンスを維持しながらビジネスをグローバルに展開するにはどうすればよいのでしょうか。その答えは、アドビのクラウド署名と、世界中のトラストサービスプロバイダー(TSP)による身分証明を利用することです。お客様の固有のニーズに対応するために、数百もの信頼ある認証機関(CA)からお選びいただき、EUが認定したTSPであるアドビにお任せください。Adobe Signを使用すれば、ドキュメントを電子署名してタイムスタンプを付与し、EU Trusted Lists(EUTL)または世界的なAdobe Approved Trust List(AATL)を使用して、それらを認証することができます。

世界規模のエコシステムによってリスク管理を支援

すべての国に、固有の法律や規制があります。そして、それぞれの国のすべての業界に、固有の法律や規制があります。そのような中、コンプライアンスを維持しながらビジネスをグローバルに展開するにはどうすればよいのでしょうか。その答えは、アドビのクラウド署名と、世界中のトラストサービスプロバイダー(TSP)による身分証明を利用することです。お客様の固有のニーズに対応するために、数百もの信頼ある認証機関(CA)からお選びいただき、EUが認定したTSPであるアドビにお任せください。Adobe Signを使用すれば、ドキュメントを電子署名してタイムスタンプを付与し、EU Trusted Lists(EUTL)または世界的なAdobe Approved Trust List(AATL)を使用して、それらを認証することができます。

Approved Trust List

規制やeIDASが電子サインに法的拘束力を与える

EUでは、Electronic Identification and Trust Services(eIDAS)規則により、電子サインの法律の標準が設定され、電子サインに手書きの署名と同等の法的な効力と拘束力が認められています。EU全体のひとつの規則に従うだけで、グローバル規模でビジネスを展開することが容易になります。

規制やeIDASが電子サインに法的拘束力を与える

EUでは、Electronic Identification and Trust Services(eIDAS)規則により、電子サインの法律の標準が設定され、電子サインに手書きの署名と同等の法的な効力と拘束力が認められています。EU全体のひとつの規則に従うだけで、グローバル規模でビジネスを展開することが容易になります。

eIDASによって法的拘束力を持った電子サイン

電子署名について学ぶ

 

最も高度なオンライン署名である証明書ベースの電子署名(アドビのクラウド署名など)は、きわめて厳格な法的規制に準拠しており、あらゆる文書と署名者のID認証に役立ちます。

最も高度なオンライン署名である証明書ベースの電子署名(アドビのクラウド署名など)は、きわめて厳格な法的規制に準拠しており、あらゆる文書と署名者のID認証に役立ちます。

サポートが必要な場合は

シンプルな質問から、固有のニーズに応じてカスタマイズされた見積もりのご依頼まで、お気軽にお問い合わせください。