Adobe Signの使い方

Adobe Signは、署名を依頼する側も、署名をする側も、新しいことを学ぶことなく簡単に使い始めることができます。

場所やデバイスを問わない、迅速かつ安全な署名ワークフロー

Adobe Signは、文書の送信から署名の取得、トラッキングと管理までを、一度も紙に出力することなく100%デジタルのワークフローで実現できます。署名者は、新たにソフトウェアを用意することなく、ブラウザーやモバイルアプリで文書を表示し、すばやく署名を行うことが可能。契約書などの文書はセキュアなクラウドストレージに保管され、署名や履歴の管理が行えます。
迅速かつ安全な署名ワークフロー

Adobe Signの操作手順

簡単なステップと操作で、いつでもどこからでも文書の送信、署名、閲覧が行えます。
STEP1:署名用に文書を送信する
STEP1:署名用に文書を送信する


Adobe Signにアクセスし、[送信]画面で署名用の文書ファイルを選択。署名およびその他の情報を入力するためのフィールドをドラッグ&ドロップで配置し、送信します。

STEP2:メールから文書を開く
STEP2:メールから文書を開く


パソコンまたはモバイルデバイスで受信したメールを開き、メールに記載されたリンクをタップします。

STEP3:内容を確認して署名する
STEP3:内容を確認して署名する


ブラウザー内で文書の内容を確認し、署名フィールドに入力または手書きでサインします。その他必要な情報を入力したら、「クリックして署名」をタップします。

STEP4:署名を確認する
STEP4:署名を確認する


文書に署名がされたことを通知するメールが届きます。リンクをクリックすると、ブラウザー内に文書が表示され、署名が確認できます。

便利な管理機能

Adobe Signの[管理]画面では、やり取りされた文書の履歴を一元管理できます。
Point 1: Adobe Signの[管理]画面では、やり取りされた文書の履歴を一元管理できます。


いつ、誰が文書を送信し、署名したかなどを確認できます。署名待ちの文書に対して、相手にリマインダーを送信することも可能です。

署名済み文書は、改変不可な監査レポート付きPDFとしてサーバーに保管されます。
Point 2: 署名済み文書は、改変不可な監査レポート付きPDFとしてサーバーに保管されます。


ブラウザー内で文書の内容を確認し、署名フィールドに入力または手書きでサインします。その他必要な情報を入力したら、「クリックして署名」をタップします。

お客様に最適なAdobe Signプランをご用意

個人版

12,080
(税別)
署名を収集し、リアルタイムに処理状況を追跡
おすすめ

グループ版

29,760
(税別)
グループの効率を高め、各社固有の仕様に統一

ビジネス版

詳しくは、こちらからお問い合わせください

0120-613-884

エンタープライズ版

詳しくは、こちらからお問い合わせください

0120-613-884