電子サインと電子署名の完全なソリューション

電子サインと電子署名、またはその2つの組み合わせを使用することで、お客様のビジネスに固有の安全性と柔軟性のバランスを実現できます。

電子サインと電子署名の違いとは

「電子サイン」と「電子署名」はどちらも同じ意味を持つように思えますが、実際にはこの2つは文書の署名におけるアプローチ方法が異なります。その違いは、署名に関する法律や規制の要件に関わっています。企業に適した正しい署名アプローチを見つけるには、規制とリスクのバランスを取り、ビジネス上の取引を適法かつ安全に行うためにはどの程度の厳密性が必要かを考慮することが重要です。

電子サインと電子署名

電子サインと電子署名

電子サインは合意または記録の受理を示すあらゆる電子プロセスを指します。

  • 電子メールアドレス、Enterprise ID、電話認証など、署名者の同一性の様々な方法を使用することがある
  • 多くの場合、最終文書とともに監査証跡が含まれる安全なプロセスを使用して署名を証明する

電子署名は具体的な方法を使用して文書を電子的に署名します。

  • 証明書ベースのID を使用して署名者の同一性を認証する
  • 暗号化により各署名と文書を紐付けて署名を証明する — 検証は信頼された認証局を通じて行われる

電子サインおよび電子署名のアプローチ

一般的に、正確に構成された電子サインプロセスのほうが導入が簡単であり、多くの業務プロセスに対して法的およびセキュリティ要件を満たします。電子署名には追加の技術的要素が必要ですが、より厳格な要件を満たす高度な形態の認証を提供します。Adobe Signは柔軟性の高いスケーラブルなソリューションであり、どちらか一方のアプローチを選ぶことも、2つのアプローチを組み合わせることもできます。
署名の証明
電子サイン


電子サインは、業界・業種を問わずさまざまな業務プロセスで容易に利用することができます。署名者の認証は、電子メールアカウント、パスワード、企業ID、ソーシャルIDなどの要素を用いて行います。

Adobe Signの電子サインプロセスは、米国のESIGN ACTやEUのeIDAS規制などの電子サイン法に準拠しており、法的に有効です。また、Adobe Signはプロセス全体で文書を安全に管理しながら、署名プロセスに含まれるすべての手順を追跡し、その情報を監査履歴に記録します。監査履歴と署名済み文書には、正しい内容であることを証明する不正改ざん防止シールが添付され、監査履歴からは、各関係者が署名したことを示す証拠を作成できます。

信頼された認証機関とリスト
電子署名


電子署名は、より厳格な署名者の認証が求められる署名プロセスに用いられます。署名者は、信頼された第三者認証機関から発行される証明書ベースのデジタルIDを使用して本人認証を行います。それぞれの署名は暗号化されて文書に添付され、署名者のIDと署名済み文書の整合性は、第三者認証機関を通じて確認できます。

Adobe Signの電子署名プロセスは、eIDASのAdvanced Electronic Signatures(AdES)やQualified Electronic Signatures(QES)などの厳格な要件に対応しており、公認認証局(CA)や適格証明書発行デバイス(QSCD)の使用を総合的にサポートしています。

Adobe Signなら、電子サインと電子署名を1つのソリューションで実現できます

Adobe Signは、幅広い電子サインや電子署名の要件に対応するように設計されており、各業務プロセスに対応した最適なアプローチを選択できます。Adobe Signを使用すると、電子サイン、電子署名、またはその両方が含まれるエンドツーエンドのワークフローを構築できます。また、Adobe Signは署名者の認証や検証において、業界をリードするサポートを提供します。

Adobe Signの電子サインと電子署名

Adobe Sign の電子サインと電子署名
  1. 文書を開く前に、署名者は自身の身元を単一または多要素認証メソッドを使用して認証します。
  2. 署名者はパスワードやPINで保護された証明書の秘密鍵を使用して電子署名を追加し、署名を文書に紐付けます。
  3. 署名者と文書の真正性は信頼された認証機関を通じて検証されます。

Adobe Signの署名の種類

署名者が電子サインと電子署名のいずれが必要な場合でも、Adobe Signはコンプライアンスに完全に準拠した業務プロセスの構築に役立つ必須要件をサポートします。
Adobe Signの署名の種類

これからもデジタルドキュメントのリーダーとして

アドビは、20年以上にわたりデジタルドキュメントの分野で世界をリードしてきました。PDFの考案から始まり、PDFでの電子署名の作成を可能にし、EU Trusted Listsをサポートする初のグローバルベンダーになるまで、アドビは署名のデジタル変革においてトップに立ち続けています。現在、世界250以上の認証機関と提携するオープンなデジタル署名標準を有し、年間60億件以上のトランザクションを処理しています。今後もアドビは、ISO、OASIS、IETF、ETSIなどの規格グループと協業しながら、世界における署名の規格の進化をサポートしています。

Adobe Sign の導入に関するお問い合わせ

企業のお客様

0120-613-884