優れたワークフローがビジネスを加速します

Adobe Signは電子サインプロセスだけでなく、ビジュアルデザインツールで、ドキュメントワークフローのあらゆる作業を自動化できます。

「Adobe Signを導入して、事前承認された機密保持契約に自由にアクセスできる環境を営業担当者へ提供した結果、契約締結や事務処理が格段にスピードアップしました」

— Connie Brenton氏(NetApp社、法務部門担当オペレーションズディレクター兼スタッフチーフ)


署名者認証

適切な順序で文書を回覧

Adobe Signを使用すれば、ドキュメントワークフローの自動化とカスタマイズを誰でも行うことが可能です。 電子サインの収集、フォームデータの収集、重要な文書の到達確認を自動的に進め、できるだけ少ないステップでプロセスを進めることができます。
  • 署名者、承認者、受取人、フォーム入力者、認定済み受信者、委任者など、それぞれの役割を割り当て
  • 文書の閲覧、署名の順序を指定
  • 複数人の参加者を1回のリクエストで招待
  • 署名や応答をグループ内のユーザー全員に許可
  • リマインダーと通知を設定
署名者認証
再利用可能なテンプレートをチームメンバー向けに作成

再利用可能なテンプレートをチームメンバー向けに作成

Adobe Signの機能の一つであるWorkflow Designerは直感的な操作ができ、ワークフローテンプレートを簡単に作成できます。また、再利用も可能です。よく発生してしまう作業ミスの軽減や希望どおりのプロセスを行うことが可能です。次のような事項を簡単に設定できます。
  • 契約書類に含める文書
  • 参加者の役割
  • 送信者による事前入力フィールド
  • 契約書の有効期限またはパスワードオプション
  • 利用者向けの指示事項

プロセスの全工程を自動化

顧客、パートナー、従業員向けのオンラインセルフサービス環境を構築すれば、共通のプロセスを正しく実行でき、適切なワークフローを自動化できるようになります。
  • 1.新規プロセスの開始
    HTMLフォームで新規リクエストの事前審査を実行し、状況に応じた適切なフォームやドキュメントパッケージを選択します。
  • 2.次のステップをトリガー
    条件ロジックを使って個々のリクエストを正しく振り分け、文書が適切なタスクへと順次送られるようにします。
  • 3.実行
    適切な担当者にタスクを自動的に割り当て、文書の構成、レビュー、承認、署名、配送などのタスクを実行させます。
  • 4.ダッシュボードを活用
    署名済み文書や受信した文書の管理、レポートの生成を実行します。ドキュメントサイクルの状況をリアルタイムで把握できます。

Mega Sign依頼する人数が多くても、作業はシンプル

相手が何百人でも、署名を依頼して回るストレスはもうありません。Adobe SignのMega Sign機能を使えば、大勢の署名者に同じ契約書を個別名で送付する作業がわずか数ステップで完了。リストを読み込み、フォームを選んで「送信」をクリックするだけです。

業務アプリのワークフローも効率化

統合機能でドキュメントプロセスの合理化も実現。Adobe Signは、 SalesforceWorkdayApttusAribaその他の業務アプリケーション内で動作するように作られており、プログラムすることなく連携できます。
再利用可能なテンプレートをチームメンバー向けに作成

Salesforceとの統合機能を活用

Adobe Signの統合機能はSalesforceの契約書テンプレートともすぐに連携できます。数回のクリック操作で、契約書の最新バージョンを選択し、顧客情報が事前入力された状態で署名用に送信。しかも、SalesforceまたはSalesforceモバイルアプリから直接操作できます。

その他のご不明点について

導入のご相談はこちら
Adobe Signに関する情報や、環境に合わせた導入をご検討のお客様は、こちらからお問い合わせください。
0120-613-884
アドビのオンラインサービスは、13歳以上のユーザーのみを対象としており、その使用には追加の利用条件および アドビのプライバシーポリシーに同意していただく必要があります。オンラインサービスは、国や言語によっては提供されていない場合や、ユーザー登録が必要な場合があり、その全体または一部が予告なく中止または変更になることもあります。また、追加料金やサブスクリプション費用が適用される場合もあります。