Adobe Sign

電子契約と既存システムの連携で、
顧客体験が大きく変わる

Adobe Sign

電子契約と既存システムの連携で、
顧客体験が大きく変わる

書類の手続きなど、

業務を自動化

請求・注文など、顧客との手続きのプロセスを自動化し、業務フローを大幅に改善。

顧客体験の改善で

売り上げがアップ

契約にかかる手間・印紙代の削減は顧客にもメリットが多く、ビジネスの武器になります。

ビジネスの法的な

リスクを軽減

常に適切な書類が利用されるため、ビジネスの法的なリスクを軽減することができます。

あらゆる国内外のシステムと連携可能

信頼性の高いAdobe Signのソリューションを既存システムに追加することで、セールスサイクルのスピードアップ。承認プロセルの遅延によるストレスから、あなたを開放します。

企業ロゴ

国内・国外の企業でシームレスなプロセスを実現
Adobe Signは貴社のビジネスの武器になる

 

世界を代表するソフトウェア企業としての実績イメージ

世界を代表するソフトウェア企業としての実績

Adobe Signはあらゆる部門のすべての処理を、簡単に連携できるように設計されています。

Microsoft、 Salesforce、および Workdayなど、既に使用しているシステムやアプリに電子サインを容易に統合できます。

36か国の言語に対応。開発から導入後の支援まで国内でサポート

多言語に対応しているため、取引先が外資企業であったり、海外の支店の場合でもスムーズに導入が可能です。

導入については、国内でサポートしますので、安心してご相談いただけます。

36か国の言語に対応。開発から導入後の支援まで 国内でサポートイメージ

36か国の言語に対応。開発から導入後の支援まで国内でサポート

多言語に対応しているため、取引先が外資企業であったり、海外の支店の場合でもスムーズに導入が可能です。

導入については、国内でサポートしますので、安心してご相談いただけます。

世界水準のセキュリティ基準を満たす日本国内データセンターイメージ

世界水準のセキュリティ基準を満たす日本国内データセンター

文書の送信、署名、トラック、署名済み文書の保管など、すべてのプロセスを安全な環境で管理できます。ISO27001、SSAE SOC 2 Type 2、PCIDSSに準拠するなど、業界標準のセキュリティ対策でお客様の文書、データ、個人情報を保護します。

 

北米、欧州に次いで日本にもデータセンターを設置し、日本のユーザーのすべてのトランザクションを保存、管理しています。

たとえば、Adobe SignをSalesforceで利用すると、
簡単に大きな成果を得ることが可能に

 

営業担当者の契約書作成、送信、署名プロセスにかかる時間を短縮でき、営業活動により多くの時間をかけられるようになります。承認の進行状況もSalesforceから直接確認できるため、取引の進捗を常に把握できます。

アイコン1

収益化までの時間短縮と成約率の向上
 

アイコン2

法務リスクの軽減とコンプライアンスの強化
 

アイコン3

CRMへの投資効果の測定
 

アイコン4

あらゆる顧客視点におけるエクスペリエンスの向上

アイコン5

契約ステータスの可視化

アイコン6

場所やデバイスを問わない契約手続き
 

アイコン7

営業担当者の生産性向上と効率化
 

アイコン8

デジタルトランフォーメーションによるペーパーレスの実現

Adobe Signのセキュリティと操作性の高さ

銀行が扱う仕組みとして高いセキュリティを備え、顧客管理システム「Salesforce」との連携性が高いため導入を決定。契約の電子化で、サービス価値向上と業務コストカットにも期待。

Adobe Signのセキュリティと操作性の高さ

銀行が扱う仕組みとして高いセキュリティを備え、顧客管理システム「Salesforce」との連携性が高いため導入を決定。契約の電子化で、サービス価値向上と業務コストカットにも期待。

CRM、CLM、CPQ、HRもあらゆるツールにも対応

既存のシステム内でAdobe Document Cloudソリューションを利用し、業務プロセスを合理化して、ビジネスをスピードアップしましょう。

 

セールス/顧客管理(CRM)

契約継続管理(CLM)
構成/価格/見積もり作成(CPQ)

人事(HR)
基幹業務(ERP)

コラボレーション生産性

Adobe Sign ソリューションパートナーが導入をサポート

Adobe Signの購入や、システム連携、法令対応の業務コンサル、導入後のサポートまで、安心して任せられる国内のパートナーをご紹介します。

法的に有効な電子サインをプロセスへ統合することで、
リスク最小化とコンプライアンスを強化

プロセスを自動化して人為的なミスをなくすことで、法的なリスクやビジネス上のリスクにさらされる危険性を軽減。特定のビジネスルールに従ってワークフローを作成すれば、常に適切な情報と文書が利用されます。あらゆるトランザクションでの監査証跡を補完してコンプライアンスを強化できるほか、安全な政府ID認証をはじめ、署名者の同一性を特定する様々な認証方法を利用できます。

#

ビジネス版

中規模から大規模の組織向け

 

基本価格

US$

39

99

/月(税別)

年間の料金:US$479.88/年(3年契約)




その他のビジネス版機能:


  • 2要素認証で署名者のID認証の強化
  • 使いやすいフォームフィールドの設定
  • 署名者から画像を取得して表示
  • デプロイメント、ライセンス、その他のITトピックへのエンタープライズサポート

エンタープライズ版

より高度な統合および大規模組織向け

 




その他のエンタープライズ機能:


  • 事前の統合により、Salesforce、Workday、Microsoft SharePoint、Dynamics、Teams、Flowなどのエンタープライズアプリをすばやく導入
  • APIを使用して、Adobe Sign機能をカスタムアプリに組み込み
  • ワークフローテンプレートを直感的なデザインツールで構築
  • 任意の責任者、承認者のワークフローを簡単に設定
  • プレミアムサポートオプションの追加
  • 公的証明書により署名者の本人確認を自動認証

Adobe Sign ソリューションパートナーに直接ご相談いただくことも可能です。

印鑑や署名の電子化と言っても、目的によって必要な機能が変わります。
お客様の目的に合ったプランをお選びください。
押印イメージ

まずは、社内書類の押印を
電子化したい。

 

契約業務イメージ

請求書、契約書など
社外向け書類の押印を
電子化したい