実証にもとづくアドビの電子サイン

デジタル文書のパイオニアだからこそ、アドビの電子サインソリューションは、法的に有効な署名を迅速で安全におこなうための最良のツールとお勧めできます。

電子サインへの移行はお済みですか?

まだ手書きの署名を使用してビジネスをおこなっている場合は、電子サインをお勧めする5つの大きな理由をぜひご確認ください。詳しくは、「進化する署名ワークフロー」をご覧ください。
世界最高クラスの電子サインソリューションAdobe Signなら、組織の規模を問わず、契約書や各種フォーム、承認用文書など、様々な文書の準備、送信、トラック、管理ができます。誰でも、どのデバイスからでも、文書に署名し、返信できます。webアプリとしても、既存のツール内から使用しても、すぐに使い始めることができます。
Adobe Sign

Adobe Signをお勧めする理由

Adobe Signは、規模の大小を問わずあらゆるビジネスに最適

進化し続ける機能

最高の電子サインソリューションであり続けるために、常に機能強化をおこなっています。サブスクリプション期間中は自動的に更新されるため、常に最新の機能をご利用いただけます。最近のアップデートを一部ご紹介します。
クラウドベースの電子署名:使いやすくて信頼性の高い、webおよびモバイル対応の署名プロセスです。世界初のオープンスタンダードにもとづくデジタルIDを使用します。
カスタム電子メールテンプレート:自由にカスタマイズ可能なHTML電子メールテンプレートを使って、署名の依頼と確認の文章を作成することで、ブランド力の向上と個別の顧客対応を可能にします。
あらゆる部門、あらゆるプロセスに対応

あらゆる部門、あらゆるプロセスに対応

Adobe Signで手作業をすべてデジタル化すれば、販売や人事、法務、その他あらゆる部門のあらゆる処理を高速化できます。

最新情報、トピック、トレンド

デジタルトランスフォーメーションを進める工夫と顧客体験の重要性
 
社会のデジタル化はより一層深化し、消費者はいち早くそれに対応したことで、様々な分野で既存の事業を破壊する革新的なサービスが生まれ始めている。それでも、デジタル化に踏み出せない企業が少なくないのはなぜなのか。デジタルトランスフォーメーションを進めるための工夫や顧客体験の重要性などについて、慶應義塾大学環境情報学部教授の武田圭史氏にお話を伺った。
 
Adobe Signが日本特有の承認ワークフローの押印に対応
 
このたび提供開始したAdobe Signの最新リリースではサインを施したいPDF文書に署名フィールドを追加する際の選択肢として、押印に適した正方形の印鑑専用フィールドが新たに追加されました。これにより、Adobe Signを使って日本特有の承認ワークフローである稟議書や起案書などに電子印鑑を押印できるようになり、決裁プロセスを紙ベースからより効率的で安全なデジタルプロセスに移行できるようになります。
 
デジタル変革のスタートは“紙に依存したプロセス”の脱却から(前編)
 
ペーパーレス化だけがゴールではない。業務効率化を見据えた「紙のデジタルトランスフォーメーション」が、真のデジタル変革を進める一歩に最適な理由とは。
 
ご意見をお寄せください。

お客様に最適なAdobe Signプランをご用意

個人版

12,080
(税別)
署名を収集し、リアルタイムに処理状況を追跡
おすすめ

グループ版

29,760
(税別)
グループの効率を高め、各社固有の仕様に統一

ビジネス版

詳しくは、こちらからお問い合わせください

0120-613-884

エンタープライズ版

詳しくは、こちらからお問い合わせください

0120-613-884

アドビのオンラインサービスは、13歳以上のユーザーのみを対象としており、その使用には追加の利用条件および アドビのプライバシーポリシーに同意していただく必要があります。オンラインサービスは、国や言語によっては提供されていない場合や、ユーザー登録が必要な場合があり、その全体または一部が予告なく中止または変更になることもあります。また、追加料金やサブスクリプション費用が適用される場合もあります。