Adobe Sign

電子契約サービスのAdobe Sign

Adobe Signを使うと、契約書や申込書などへの署名をオンライン上で完結できるので、テレワークでも契約プロセスを止めることなく仕事ができます。

Adobe Sign

電子契約サービスのAdobe Sign

Adobe Signを使うと、契約書や申込書などへの署名をオンライン上で完結できるので、テレワークでも契約プロセスを止めることなく仕事ができます。

Adobe Sign

どこにいても、どのデバイスでも、署名をすばやく収集

数日かけて署名を依頼して回っていたプロセスを数分で完了。Adobe Signを使うと、署名用文書の送付と確認をデジタル化できます。顧客は好きなときに好きなデバイスで電子的に署名できるため、お客様のビジネスプロセスが効率化します。

Adobe Sign ソリューションパートナープログラム

Adobe Signのライセンス販売、SIや連携ソリューションの実装支援、および電子化を推進する業務コンサルテーション、電子化に関する法令対応のコンサルテーションを提供する国内パートナー企業をご紹介します。

 

詳細はこちら ›

 

オンラインでドキュメントに署名

わずか数分で完了

契約書の送信と署名が簡単に

Adobe Signを使用すれば、電子サイン用の文書を簡単に準備して送信できます。お客様、顧客、チームメンバーもクリック、タップまたはスワイプするだけで簡単に文書に署名できます。
オンラインでドキュメントに署名

わずか数分で完了

契約書の送信と署名が簡単に

Adobe Signを使用すれば、電子サイン用の文書を簡単に準備して送信できます。お客様、顧客、チームメンバーもクリック、タップまたはスワイプするだけで簡単に文書に署名できます。
時間・コストの節約とサービスの向上を同時に実現
時間・コストの節約とサービスの向上を同時に実現

オンライン署名

ウェブサイトからでも簡単に署名

入力と署名が可能なフォームをウェブサイトに掲載することで、プロセスをスピードアップできます。PDFやWord文書からウェブフォームを簡単に作成して、信頼性の高い、法的効力のある電子サインを誰から、そしてどこからでも収集することができます。

オンライン署名

ウェブサイトからでも簡単に署名

入力と署名が可能なフォームをウェブサイトに掲載することで、プロセスをスピードアップできます。PDFやWord文書からウェブフォームを簡単に作成して、信頼性の高い、法的効力のある電子サインを誰から、そしてどこからでも収集することができます。
とても多くの署名も、とても簡単に収集

Megaサイン

大人数との契約書もワンクリックで完了

Megaサイン機能を使うと、ひとつの文書を数百もの人に送信し、それぞれ個別の署名入り文書を回収することができます。処理状況のトラックや、署名を促すリマインダーの送信もおこなえます。

Megaサイン

大人数との契約書もワンクリックで完了

Megaサイン機能を使うと、ひとつの文書を数百もの人に送信し、それぞれ個別の署名入り文書を回収することができます。処理状況のトラックや、署名を促すリマインダーの送信もおこなえます。
とても多くの署名も、とても簡単に収集
  • お使いのアプリと連携

    Adobe Signは、お使いのツールと連携して機能します。Microsoft Office、Salesforce、Dropboxなど、サードパーティのシステム上で作成・保存された文書を署名用にすばやく送信できます。
  • 通知とアラートの受信

    文書が閲覧または署名されるとすぐに通知を受けることができます。また、署名を促すリマインダーも送信でき、フォームの期限が間近であることを伝えるアラートも受信できます。
  • モバイル対応

    外出するからといって、署名の収集を中断する必要はありません。Adobe Signモバイル版アプリでプロセスを継続できます。
Adobe Signでペーパーレスな住宅ローン契約を実現
ソニー銀行様は、Adobe Signによって住宅ローン電子契約サービスを行っています。契約完了までの時間が短縮され、印紙税が不要になるなどお客様へのサービス価値が向上した上、コストカットと契約件数の増加につながっています。

電子サインに関する質問にお答えします。

電子サインは、電子形式の文書やフォームに対する同意または承認の意思を、法的に有効な形で記録するための手段です。電子サインは法的に有効で、テスト済み、安全であり、監査や検証が可能です。
はい。Adobe Signはセキュリティ基準および法的なコンプライアンス基準をクリアしています。電子サインは世界中ほぼすべての先進国および多くの開発途上国で法的拘束力を保有します。
はい。アドビにとって、デジタルエクスペリエンスのセキュリティは最重要課題です。アドビでは、企業文化、ソフトウェア開発、サービスオペレーションプロセスに業界標準のセキュリティ対策をおこなっています。

「電子署名」と「電子サイン」は、どちらも同じ意味なのでしょうか。

いいえ。電子署名は「電子サイン」と呼ばれるより大きなカテゴリのサブセットです。一般的な電子サインでは様々な方法で署名者を認証できますが、電子署名ではある特定の方法を使用します。

印紙税法では、従来の紙の契約文書は課税文書となりますが、契約を電子文書で取り交わす場合は課税対象とはなりません。なお、定期借地契約、定期建物賃貸借契約、投資信託契約、訪問販売等による取引など一部の契約では、書面と印紙が必要となります。

Adobe Signを利用すれば、自分のコンピューターやモバイルデバイス上で名前を入力したり手書きして文書に電子的に署名できます。また、署名画像のアップロードによっても署名可能です。より厳密な署名者の認証や証明書ベースのデジタルIDを使用、さらに 高度な電子署名も利用できます。 

Adobe Signでは、電子サインに印鑑を使うこともできます。印鑑の画像(.pngまたは.jpg/.jpeg)を登録し、印鑑フィールドを配置してください。詳しくはこちらのページをご覧ください。角印や丸印などの指定はありません。署名者1名に対して許可される印鑑の画像は1つです。 

日常業務に使用するアプリに電子サインを統合
日常業務に使用するアプリに電子サインを統合

企業全体にわたって個々のカスタマーエクスペリエンスを向上

世界中の電子サイン関連法令および規則に準拠しつつ、あらゆる業界、あらゆる部門のすべての処理をスピードアップ。Adobe Signに組み込まれた連携機能により、 MicrosoftSalesforce、および Workdayなど、既に使用しているシステムやアプリに電子サインを容易に統合できます。シームレスなプロセスを簡単に実現して、ビジネスを推進しましょう。

日常業務に使用するアプリに電子サインを統合

世界中の電子サイン関連法令および規則に
準拠しつつ、あらゆる業界、あらゆる部門のすべての処理を
スピードアップ。Adobe Signに組み込まれた連携機能
により、 MicrosoftSalesforce、および Workdayなど、既に使用しているシステムやアプリに電子サインを容易に統合できます。シームレスなプロセスを簡単に実現して、ビジネスを推進しましょう。

最新情報、トピック、トレンド

ご意見をお寄せください。
*2019年8月31日まで:このキャンペーンは全世界でご利用いただけます。Adobe Sign小規模ビジネス版を1シートあたり39,980円/年の特別価格でご利用いただけます。12ヶ月契約の年間サブスクリプションを一括でご購入いただきます。お客様がサブスクリプションを変更または解約しない限り、特典期間の終了時に、サブスクリプションは自動的に通常価格で更新されます。Adobe Sign小規模ビジネス版の通常価格は、1シートあたり46,580円/年です。

一般条件:本特典は18歳以上の対象者のみに適用されます。通商禁止国、または米国もしくは各国の輸出規制対象国の居住者その他のお客様は対象外です。本特典と価格は不測の事態により予告なく変更される場合があります。本特典を譲渡、交換、販売、移転および併用することはできません。また、ここに含まれると明示的に述べられていない現金または他の商品やサービスと引き換えることもできません。対象者が在住する地域によりご利用いただけない場合があります。追加のご利用条件が適用される場合があります。法律で禁止または制限されている地域では無効です。