請求書テンプレートを無料ダウンロード。PDFで請求書を簡単に作成

請求書テンプレートを無料ダウンロード。

PDFで請求書を簡単に作成

請求書を一から作成すると手間がかかりますが、テンプレートを利用すると簡単に作成することができます。一般的な請求書と同様の項目を記載したPDFテンプレートを用意しましたので、ぜひダウンロードしてご利用ください。

 

テンプレートをダウンロードしたら、無料のAdobe Acrobat Readerで社名や金額などを入力するだけで請求書が完成します。さらに、有償のAdobe Acrobat Pro DCを使えば、安全性の高い請求書を作成することが可能です。

 

ここでは、請求書の記載項目や、Adobe Acrobat Pro DCを使用してPDFで請求書を作成するメリットをご紹介します。


請求書作成時に知っておきたいこと

請求書は、こちらの商品やサービスを購入してくれた取引先に送付するため、間違いがないよう正確に作成したいものです。まずは、請求書のサイズや記載項目など、作成時に知っておきたいことをご紹介します。

 

 

請求書の大きさはA4サイズが一般的 

 

請求書に規定のサイズはありません。しかし、PCで作成する場合はA4サイズが一般的です。送付先企業の文書管理のしやすさを考慮しても、指定されない限りはA4サイズで作成することをおすすめします。 

 

 

請求書の記載項目 

 

請求書には、一般的に下記のような項目を記載します。 

 

  • 題目:目立つ場所に「請求書」と記載 
  • 発行者:会社名や事業主名、住所、印影、担当者名 
  • 請求先:請求先の宛名 
  • 取引内容:取引をした品名、単価、数量、金額など 
  • 請求金額:取引額の合計金額 
  • 発行年月日:請求書の発行日 
  • 振込先:銀行名、支店名、預金種別、口座番号、口座名義 
  • 支払期日:請求金額の支払い期日 

 

 

必要に応じて請求書にはんこを押印する 

 

法的には、請求書に印鑑は必要ありません。しかし、取引先によっては請求書に印鑑が必要な場合もありますので、請求書を送付する前に確認しましょう。 

電子化した請求書をメールで送付する場合は、印影を画像ファイルに変換して文書に追加しても問題ありません。はんこは、会社や事業主名の右側に社名や住所に重ねて押印するのが一般的ですが、会社や書類によって異なる場合もあるため、事前に確認が必要です。 

 

Acrobat DCを使ってPDFに画像を追加する方法は、下記をご覧ください。 

PDFの画像またはオブジェクトの編集

 

 

端数が出た場合の処理方法 

 

金額に1円未満の端数が出た場合の処理方法に、法的な規定はありません。そのため、端数が出たときは自社規定に従って処理しましょう。一度、端数処理をしたら、それ以降の請求書も同じ方法で処理していきます。 


PDFで請求書を作成するメリット

PDF(Portable Document Format)は、アドビが開発したファイル形式です。請求書をはじめとしたさまざまなビジネス文書を電子化するにあたって、PDFが広く活用されています。 

PDFの請求書を作成するメリットは、あらゆるPCやスマートフォンで閲覧できることや、郵送に関するコストやタイムラグが削減できることなどが挙げられます。 

 

PDFは無料のAdobe Acrobat Readerで閲覧や入力が可能です。次に紹介するAdobe Acrobat Pro DCを使えば、PDFの安全性を高めたり、PDFを簡単に編集できたりと、さらに便利な使い方ができます。 

 


Adobe Acrobat Pro DCで請求書を作成するメリット

アドビが開発したAdobe Acrobat Pro DCは、PDFの作成や編集ができるソフトウェアです。このページでご紹介したテンプレートも、すべてAdobe Acrobat Pro DCで作成したものです。 

ここでは、請求書作成にAdobe Acrobat Pro DCを使用するメリットをご紹介します。 

trouble-shoot-win
iconplay

閲覧・編集・印刷を制限できるため、安全性が高い 

 

パスワードが設定されていないPDFファイルは、簡単に修正することができるため、第三者に内容を書き換えられてしまう可能性があります。Adobe Acrobat Pro DCを使えば、パスワードを設定してファイルの閲覧・編集・印刷を制限でき、安全性の高いPDFを作成することが可能です。例えば、請求書の場合、取引先に閲覧・印刷の権限のみを付与し、編集は制限するといった使い方ができます。 

 

PDFをパスワードで保護する方法については、下記の記事で詳しく説明しています。 

PDFをパスワードで保護する方法 | Adobe

PDFを簡単に編集できる 

 

Adobe Acrobat Pro DCを使えばPDFを編集できるため、請求する内容に合わせて簡単に文書を作成することができます。また、再発行や修正依頼にもすぐに対応できるため、業務効率化にもつながります。 

 

 

PDFのレイアウトが崩れない 

 

世界中で使われているPDFビューアの97%が、Adobe Acrobat Readerです。そして、Adobe Acrobat Readerでの表示を完全保証するのはアドビの製品で作成されたPDFのみとなります。Adobe Acrobat Pro DCなら、レイアウトが崩れる心配がありません。 

取引先からの信用を落とさないためにも、請求書のような重要文書は、正しいレイアウトで表示できる形式を選びましょう。 


請求書の作成にAdobe Acrobat Pro DCを活用しよう

請求書は、提供した商品やサービスの代金を請求する際に欠かせない重要な文書です。また、請求書には取引内容や請求金額が記載されており、機密性が高い文書でもあります。 

請求書の作成には、安全性が高い文書を作成でき、クラウド経由で安全にデータを共有できるAdobe Acrobat Pro DCをご活用ください。 

 

Adobe Acrobat Pro DCの購入や無料体験については、下記の記事で詳しく説明しています。 

Adobe Acrobat Pro DC 無料で始める業務効率化 | Adobe

 

請求書のPDFテンプレートは、下記のボタンからダウンロードできます。

PDFテンプレート
PDFテンプレート