業務効率化にツール導入は必須!選びかた&おすすめツール

 

 

 

 

業務効率化を進めるのに便利なツールの選びかたと、さまざまな導入事例を紹介します。

 

 

目次

 

1. はじめに

 

2. 業務効率化ツール導⼊の目的と選びかた

 

3. 業務効率化ツールの種類

 

4. Acrobat を使って業務効率を格段に上げる!導入ビフォーアフター

 

5. まとめ

 

 

1. はじめに

 

業務効率化は、多くの企業にとって関心の高い課題ではないでしょうか。

 

業務効率化を進めるにあたり、さまざまな方法を模索しているが、具体的な課題や施策が見いだせていない……という企業も多いようです。

 

そこでこの記事では、業務効率化を進めるコツや、さまざまな業務効率化ツールの種類と選びかた、Adobe Acrobat DCを活用した具体的な業務効率化の事例についてお伝えします。

 

 

業務効率化が求められている理由

 

ビジネスの現場で業務効率化が必要になっている背景には、おもに「働き方改革」「人手不足」という2つの要因があります。

 

業務を効率化することは従業員にとってもメリットがあります。

 

ワークライフバランスの向上が見込めることで、家族や大切な人と過ごす時間にしたり、自分自身を磨くためのスキルアップに時間を使ったり、プライベートの時間を有意義に使うことができるようになります。従業員が新たな領域に挑戦することは、企業にとってもプラスの作用が働きます。

 

作業効率化を進めることは、従業員満足度を向上させ、企業の成長にもつながると考えられます。

 

 

 

 

業務効率化のコツ

 

 

業務効率化を進めるためのポイントは、以下の3つです。

 

・業務の優先順位を決める

 

同時に複数の仕事を抱え込んでしまうと、長時間労働につながり生産性も下がってしまいます。

緊急性・重要性の高いものから取り組むなど、優先順位付けのルールを作って“しくみ化”することで、業務効率化を図ることができます。

 

 

 ・明確な目標設定

 

与えられた仕事をとりあえずやっているだけでは、モチベーションが上がらず必要以上に時間がかかってしまうことがあります。

目的や目標を明確に設定することで、やる気を持って効率的に仕事ができるようになると考えられます。

 

 

・システムやツールの活用

 

業務効率化に役立つ、さまざまなシステムやツールのなかから、自社の課題や業務内容に合ったものを取り入れることも、効率化のひとつの方法です。

ツール導入の目的や選びかたについては、次の項目でくわしく紹介します。

 

2. 業務効率化ツール導⼊の目的と選びかた

 
 
pie chart

 

ツール導⼊の目的

 

 

業務効率化ツールを導入する目的は、大きく以下の3つに分けられます。

 

 

・⼈件費・コストの削減

 

コスト削減は、業務効率化の最大の目的であるといえます。ツールを活用することで業務効率化が進めば、業務時間を削減でき、その結果、人件費を抑えることができます。

 

 

・ミスを減らす

 

データの入力のような単純作業を人間が行なうと、気をつけていても作業ミスが発生してしまいます。起こした作業ミスの修正にさらに時間がかかってしまう、ということも起こりがちです。

自動化できる作業はツールを導入することで、人的ミスの発生を防ぐことができます。

 

 

・チームのタスク管理を容易にする

 

ツールによって仕事の割り振りや進捗状況を可視化することで、タスク管理がスムーズに行なえるようになります。

タスクはリスト化して整理できるので、業務の実施漏れを防ぐことができます。

 

 

 

ツールの選び⽅

 

 

業務効率化ツールを選ぶときは、以下の3点を念頭に選んでみるとよいでしょう。

 

 

・現状の課題を把握

 

ツールやシステムを導入する前に、まず自社やチームの現状を分析し、課題を明確にする必要があります。

たとえば、手作業による入力で時間がかかっているのであれば、自動化のシステム導入が有効と考えられます。会議のための移動時間を削減したいのであれば、コミュニケーションツールを導入するといいでしょう。

 

 

・セキュリティを考慮する

 

ツールの安全性については、企業側がもっとも注意したい点です。十分なセキュリティ対策が施されているツールを見極めて使い、安全に業務効率化を図りましょう。

また、データセンターやサーバーの管理体制がどのようになっているかについては、導入前に確認しておくと安心です。

 

 

・無料トライアルで使い勝手を確かめる

 

多くの業務効率化ツールは、1週間から1か月程度の無料トライアル期間を設けています。これを利用して試験的にツールを導入し、使い勝手を確認してから導入するかどうか判断するのがおすすめです。

 

 

 

3.  業務効率化ツールの種類

 

telework_demerit

 

この項目では、さまざまな業務効率化ツールを用途別に紹介します。

 

 

ウェブ会議

 

・会議室に集まらなくても、自宅や外出先などどこからでも会議に参加できます。地方や海外の拠点と遠隔でミーティングを行なえるのも便利なポイントです。

 

 

業務の⾃動化

 

・RPA(Robotic Process Automation)は、データ入力のような反復性の高い作業を自動化できるソフトです。人間が手作業で行なうのに比べて圧倒的に処理スピードが速いため、業務効率化に大きな効果が期待できます。

 

 

 ペーパーレス化

 

・社内書類や契約書などをデジタル化することで、印刷コストや保管コストを抑えることができます。

・紙の書類に比べて、申請の承認時間や書類送付の工数が大幅にカットできます。

 

 

 コミュニケーション(チャット)

 

 ・Slackのようなコミュニケーションツールには、おもな機能としてチャット機能があります。メールとは異なり、あいさつなどの定型文が必要なく、対面の会話のような感覚で気軽にメッセージをやり取りすることができます。

 

 

タスク・プロジェクト管理

 

・タスク管理ツールを使うことで、仕事の依頼漏れを防ぐことができます。

・タスクの進捗確認が簡単にできます。テレワークなど遠隔で作業をしている従業員の業務進捗の把握にも役立ちます。

 

 

 情報共有

 

・「どこ」に「どんな」情報が保管されているかを共有しておくことで、情報の伝え忘れや紛失を防ぐことができます。

・社内wikiを活用すると、さまざまな情報や知識を各メンバーが書き込み・編集することで、知りたいことをすばやく確認することができます。

 

 

 

4.  Acrobat DCを使って業務効率を格段に上げる!導入ビフォーアフター

 

Adobestock

 

PDFソリューションのAcrobat DCを活用することで、ペーパーレス化や承認作業の迅速化など、あらゆる方面から業務効率化を図ることができます。

 

 

Acrobat DC 機能紹介

 

Acrobat DCは、最新のサブスクリプション型Acrobatソフトウェアです。 Acrobat DCのおもな機能は以下の通りです。

 

・PDF の作成・編集

 

・Microsoft Officeファイルや画像ファイルをPDFに変換

 

・PDFを共有し、コメントやレビューを行なう

 

ここからは、Acrobat DCのさまざまな機能を使った業務効率化の事例をご紹介します。

 

 

 

Acrobat DC 導⼊ビフォーアフター

 

シチュエーション

 

オリエンテーション⽤の資料を制作チームに展開したい。

営業担当者からの資料は、以下の不備がある。

 

 

・資料に間違いが多い(打ち合わせ内容が反映されていない、スケジュールの日付が更新されていない、など)

 

・添付し忘れの紙資料がある

 

 〈Before〉

 

・PDF化前の原本資料の修正が必要。そのため、営業担当者と制作チームの間で何度も修正と確認が繰り返される。

 

〈After〉

 

・Acrobat DCの「PDFを編集」を使用する。制作チームは、営業担当者から送られてきたPDF資料を直接修正できる。

 

・紙の資料はスマホで撮影し、PDFに変換して追加する。PDFにすることで、文字の検索や編集が可能になるので、その後の資料まとめにも効率的である。

 

 

シチュエーション 2

デザイナーが作成した制作物(デザインカンプ)へのフィードバック。ディレクター、営業担当者、アートディレクター、クライアント担当者など複数人がレビューする。

 

 

 〈Before〉

 

・レビュー者はデザインを紙に印刷して手書きで赤入れする。赤入れ完了した紙を再度スキャンし、メールで返信。手間と時間がかかる作業になる。

 

・レビュー取りまとめ時に抜け・漏れが発生する恐れがある。

 

・同じ箇所に異なるレビューがあるなど、確認に時間がかかる。

 

〈After〉

 

・注釈機能で、PDF ファイルにコメントを追加できる。

 

・⽂字や画像の追加もできる。

 

 ・Document Cloud にファイルをアップすると、リアルタイムで複数⼈が同時にコメントを追加できる。

 

 ・モバイルアプリやブラウザからコメントが可能。移動中などの時間を利用してフィードバックができるため、時間短縮につながる。

 

 

シチュエーション 3

 

書類の申請や稟議書など、決裁者の署名捺印が必要な場面での対応。

 

〈Before〉

 

・紙ベースでの場合、決裁者の不在時など申請・回覧に時間がかかる。

・申請書類の保管にコストがかかる。

 

 

 〈After〉

 

 ・紙の書類の印刷が不要なので、コスト削減につながる。

 

・オンラインで電子サインを収集できるため、郵送のコストや手間がかからない。

 

 ・どのデバイスからも作業が可能なので、外出先でもサインができる。稟議の承認が停滞しない。

 

『テレワークで便利に活⽤︕Adobe Acrobat の機能』

 

 

 

 

5.  まとめ

 

 

業務効率化のコツやツールの選びかた、Acrobat DCを活用した導入事例について紹介しました。

業務効率化は、会社全体やチームの現状と課題を洗い出し、それぞれに合ったツールを取り入れることで、よりスムーズに進めることができます。

 

その際、Acrobat DCのさまざまな機能によって紙の書類の保管にかかっていたコストや紛失のリスクを減らすことができ、修正や確認にかかっていた時間も短縮できます。

 

限られた時間と人材で、いかに効率的に仕事を進めていくかが今後ますます重要になってくると考えられます。

 

ぜひさまざまなツールを活用して、業務効率化を目指しましょう。

 

 

その他のおすすめ

働き方改革とは?労働生産性向上を実現させる方法

「一億総活躍社会」を掲げ、政府が推進してきた働き方改革。今回は、働き方改革の実現に欠かせない「労働生産性」を向上させる方法について解説します。

作業効率がいい人とは?今日から実践できる6つのこと

仕事の効率を上げたいとお悩みの方に向けて、仕事のスピードを上げるアイデアや時間の有効な使いかたを紹介します。

変換

image
image
image
image
image
image
image
image
image
image
image
image

編集

image
image
image
image
image
image
image
image
image

共有

image
image
image
image
image

署名

image
image
image

モバイルアプリ

image
image