両社の提携により最適な生産性向上ソリューションを実現

アドビ製品がMicrosoft製品の推奨ソリューションになりました。Adobe Signがあれば、Microsoft Office 365またはMicrosoft Dynamics 365を使って、どこにいてもあらゆる文書に署名できます。アドビのPDFサービスでは、Microsoft Office 365から直接PDFを作成、編集、表示することもできます。

Office 365のアプリケーションから直接、PDFを作成して共有できます。署名用文書の送付と進捗状況のトラックもWord、PowerPoint、Outlook上でおこなえます

Document CloudソリューションとSharePointを連携すれば、文書ワークフローを合理化できます。承認用文書の署名を迅速におこない、複数のPDFをまたいで作業できます。

信頼性の高い電子サインを利用して、契約書の送信、署名、トラック、ファイリングを、時間や場所、デバイスを問わずにMicrosoft Dynamics 365 CRM内からおこなうことができます。

Dynamics 365 for Talent

Adobe Signを組み合わせることで、有望な人材に絞っていち早く内定を通知し、採用を確定できます。

OneDrive for Businessを有効活用。OneDrive内でOfficeファイルをPDFに変換し、文書をひとつのファイルにまとめることができます。

アセットや契約書の作成、共有、承認にMicrosoft Teamsを使用することで、コンテンツの制作および文書の承認プロセスをスピードアップできます。

Adobe SignのFlowコネクタを使用して、web、タブレット、モバイルデバイス用のMicrosoft PowerAppsに電子サインを挿入することで、ビジネスの効率性を高めることができます。

Microsoft Intune

Microsoft Intuneを使うと、Adobe Acrobat Readerモバイル版アプリを安全に管理、配布することができます。これにより、組織内の誰もが、どこでもどのデバイスからでもPDFにアクセスできるようになります。

Adobe Acrobat DCとAcrobat Reader DCを使用して、Microsoft Information Protectionソリューション(Azure Information Protection、Office 365など)で保護されたファイルを開くことができます。

導入のご相談はこちら

アドビのソリューションに関する情報や、独自の環境に合わせてカスタマイズされた見積もりが必要な方は、こちらからお問い合わせください。