Microsoft SharePoint

煩雑な作業から解放され、ビジネスに集中

Adobe Document CloudソリューションとMicrosoft SharePointと連携すれば、文書フークローを効率化し、契約書への署名がすばやくでき、シームレスにPDFを操作できます。


SharePointとAdobe Signでビジネスをスピードアップ

SharePoint OnlineSharePointオンプレミスのユーザー全員が手間をかけずに電子サインを使用できるようになりました。

あらゆるデータを統合:プロセスをシンプルにしましょう。Adobe Signを使うと、データをSharePointのリストから文書テンプレートに直接追加できます。

送信ボタンを押すだけ:SharePointから直接、必要な署名を取得できます。Microsoft Flowのワークフローロジックを使い、契約の種類や価格にもとづいて、承認者とそのタイミングを設定できます。

短時間で柔軟なアクセス:より高速かつ便利になったSharePoint Onlineのセルフサービスのデジタルwebフォームなら、お客様や従業員に関わる手続きの手間を省くことができます。

すぐに検索:すべての文書のステータスをSharePointのフォルダーやリストから直接確認でき、署名済みの文書は選択した任意の場所に保存できます。


Microsoft SharePointとAdobe Signによる電子サイン

SharePointとAcrobat DCで文書ワークフローを効率化

組織内の誰もが簡単にSharePointでPDFを操作できるようになりました。

オンラインサービスの充実:Microsoft 365ファイルからPDFへの変換、複数の文書をひとつのPDFにまとめて表示、ページの並べ替えなどを、SharePointからオンラインで実行できます。

コンテンツを統合:様々な情報をSharePoint内の複数のソースからひとつのPDFに統合すれば、簡単に注釈や署名を集めるために送信できます。

リアルタイムの共同作業:SharePointレビューをホストすれば、すべての関係者が注釈が書き込まれるのと同時に確認し、返信することができます。


Microsoft SharePointとAdobe Acrobat PDF

ハワイ州はデジタル文書ワークフローで生産性向上を実現

ハワイ州政府は、文書の署名にかかる時間を数週間から数時間に短縮し、印刷物を劇的に削減しました。Adobe SignとAcrobat DC、Microsoft SharePointを導入した成果です。

ユーザー事例 – アドビ製品とMicrosoft SharePointの連携

業界をリードする、アドビの信頼性の高いテクノロジー

セキュリティ: アドビの業界最先端のセキュリティリソースを使用して、データや文書、ブランドを保護できます。

 

コンプライアンス: Adobe Document Cloudのソリューションは、最も厳格な法規制および業界基準に準拠しています。お客様は、コンプライアンスを担保した法的に有効な電子サインを簡単に利用したり、公的証明書による確認機能を使用して署名者を認証したりすることができます。

 

制御: エンタープライズデプロイメントリソースと管理者ガイドを利用して、デプロイと管理に必要な制御性を確保できます。

MicrosoftとAdobe Document Cloudの連携

Microsoft 365のアプリケーションから直接、PDFを作成して共有できます。署名用文書の送付と進捗状況のトラックもWord、PowerPoint、Outlook上でおこなえます。

信頼性の高い電子サインを利用して、契約書の送信、署名、トラック、ファイリングを、時間や場所、デバイスを問わずにMicrosoft Dynamics内からおこなうことができます。

OneDrive for Businessを有効活用。OneDrive内でMicrosoft 365ファイルをPDFに変換し、文書をひとつのファイルにまとめることができます。

導入のご相談はこちら

アドビのソリューションに関する情報や、独自の環境に合わせてカスタマイズされた見積もりが必要な方は、こちらからお問い合わせください。