Document CloudとOneDriveで快適な作業環境を実現

Adobe Document Cloudを使用してMicrosoft OneDriveを最大限に活用しましょう。OneDrive内でMicrosoft OfficeファイルをPDFに変換し、文書を1つのファイルにまとめることができます。

PDFによるシームレスな連携

PDFによるシームレスな連携

OneDrive for Businessをオンラインで操作しながら、PDFワークフローを使用して時間を節約しましょう。Acrobat DCでの作業中に、OneDriveアカウントでファイルへのアクセスや保存が可能です。とても簡単におこなえます。
オンラインサービスの充実:OfficeファイルからPDFへの変換、複数の文書を1つのPDFに結合、ページの並べ替えを、OneDrive for Businessからオンラインで実行できます。
PDFの変換:オンラインで、またはモバイルデバイスから、PDFを編集可能なWord、Excel、PowerPointファイルに変換します。すべての書式はそのまま維持されます。
コンテンツを適切に管理:複数の資料を1つのシンプルなPDFにまとめておくと、保管、共有、署名のための送信が容易になります。
PDFによるシームレスな連携

業界をリードする、アドビの信頼性の高いテクノロジーを活用

セキュリティ: 業界最先端のアドビのセキュリティリソース を使用して、データや文書、ブランドを保護できます。
コンプライアンス:Adobe Document Cloudのソリューションは、最も厳格な法規制および業界基準に準拠しています。 コンプライアンスを担保した、法的に有効な電子サインを簡単に利用できます。
管理: エンタープライズ版の 導入リソースと管理者ガイドを利用して、展開と管理をコントロールできます。

MicrosoftとAdobe Document Cloudの連携

  • Adobe Document CloudとSharePointを連携すれば、文書ワークフローの合理化が可能です。承認用文書の署名を迅速におこない、複数のPDFファイルをまたいで作業できます。
  • Office 365のアプリケーションから直接、PDFを作成して共有できます。署名用文書の送付と進捗状況の確認もWord、PowerPoint、Outlook上で可能です。
  • 信頼性の高い電子サインを利用して、契約書の送信、署名、トラック、ファイリングを、時間や場所、デバイスを問わずにMicrosoft Dynamics内からおこなうことができます。
お問い合わせ先はこちら
アドビのソリューションに関する情報や、独自の環境に合わせてカスタマイズされた見積もりが必要な方は、こちらからお問い合わせください。
0120-613-884
アドビのオンラインサービスは、13歳以上のユーザーのみを対象としており、その使用には追加の利用条件および アドビのプライバシーポリシーに同意していただく必要があります。オンラインサービスは、国や言語によっては提供されていない場合や、ユーザー登録が必要な場合があり、その全体または一部が予告なく中止または変更になることもあります。また、追加料金やサブスクリプション費用が適用される場合もあります。