作業をより迅速、スマート、安全に

Microsoft Office 365のすべてのアプリでAdobe Signを利用できるようになったことで、いつもの使い慣れたソリューションから、従来よりも簡単に電子サインを追加できます。

ワークフローの手間を軽減

  • 時間を節約しスピーディに署名

    時間を節約しスピーディに署名

    電子サインが必要な文書をMicrosoftアプリですばやく準備し、そのまま送信できます。
  • 顧客の利便性が向上

    顧客の利便性が向上

    文書、契約書、フォームへの署名が、いつ、どこにいても簡単にできます。
  • 文書とデータを保護

    文書とデータを保護

    Adobe Signは最高レベルの認証、世界のセキュリティ標準、およびコンプライアンス要件に準拠しています。

ハワイ州はデジタル文書ワークフローで生産性向上を実現

ハワイ州政府は、文書の署名にかかる時間を数日から数分に短縮するのに成功しています。CIOのTodd Nacapuy氏が、SharePointおよびOutlookとAdobe Signの連携機能を活用して、いかに生産性の向上を実現したかを紹介しています。

安全な電子サインが一瞬で

従来より簡単かつ安全に、好みのアプリから文書に電子サインを追加できます。
  • SharePointの顧客データや文書を契約書に自動的にマージできます。承認を得るための契約書の送信、進捗状況の確認は、すべてSharePoint上でおこなうことができます。
  • 署名が必要な文書の送信や、進捗状況の確認を、Outlookでおこなうことができます。オートフィルによる署名機能を使用して、受け取った文書のフィールドを認識してサインできます。
  • 契約書の作成、署名のための送信、進捗状況の監視を、すべてWordとPowerPointでおこなうことができます。
  • Microsoft Teams
    アセットや契約書の作成、共有、承認にMicrosoft Teamsを使用することで、コンテンツの制作および文書の承認プロセスをスピードアップできます。
  • Microsoft Flow
    Microsoft Flowでサポートされるお気に入りのアプリに電子サイン機能を追加することができます。文書への署名後、自動的にタスクを開始し、通知テンプレートを使用して状況を管理します。

その他のご不明点について

導入の相談はこちら
Adobe Signに関する情報や、環境に合わせた導入をご検討のお客様は、こちらからお問い合わせください。
0120-613-884
アドビのオンラインサービスは、13歳以上のユーザーのみを対象としており、その使用には追加の利用条件および アドビのプライバシーポリシーに同意していただく必要があります。オンラインサービスは、国や言語によっては提供されていない場合や、ユーザー登録が必要な場合があり、その全体または一部が予告なく中止または変更になることもあります。また、追加料金やサブスクリプション費用が適用される場合もあります。