作業をより迅速、スマート、安全に

Adobe Document Cloudの電子サインとPDFツールが、Microsoft Office 365で利用できるようになりました。誰もが使い慣れたOfficeアプリで取引をおこない、共同作業がおこなえます。

Office 365にAdobe Signを追加してビジネスをスピードアップ

Adobe SignはMicrosoft Office 365アプリに統合されています。日常業務で使用するソリューション内で、かつてないほど簡単に電子サインを利用できます。
時間を節約しスピーディに署名:電子サインが必要な文書をMicrosoft SharePoint、Outlook、Teams、Word、PowerPointですばやく簡単に準備して送信し、進捗状況を確認できます。
ワークフローを自動化:SharePointワークフローに署名手順を追加するだけでなく、Microsoft Flowのコネクターを用いてプロセスを自動化することも可能です。
顧客の利便性が向上:文書、契約書、フォームへの署名をいつでも、どこからでも簡単にできます。
Office 365をさらに有効活用

Acrobat DCとPDFサービスを追加して、Office 365をさらに有効活用

グループ内の全員がOffice 365でシームレスにPDFを操作できます。
場所を問わずに利用可能:Office 365でWord、Excel、PowerPointファイルをPDFに変換することも、Acrobat DCでOfficeファイルを編集することもできます。どちらを選ぶかはユーザー次第です。
オンラインサービスの充実:複数の文書を1つのPDFに結合したり、ページを並べ替えたりする操作を、OneDrive for Business内から、またはSharePoint、Word、Excel、PowerPointからオンラインで実行できます。
確実なファイルの保護:Office 365でファイルをパスワード保護すれば、機密情報を守り、コピー、編集、印刷を制限できます。

  • Microsoft Teams
    アセットや契約書の作成、共有、承認にMicrosoft Teamsを使用することで、コンテンツの制作および文書の承認プロセスをスピードアップできます。
  • Microsoft Flow
    Microsoft Flowでサポートされるお気に入りのアプリケーションに、電子サイン機能を追加することができます。文書への署名後、自動的にタスクを開始し、通知テンプレートを使用して状況を管理します。
  • OneDrive for Businessを有効活用。OneDrive内でOfficeファイルをPDFに変換し、文書を1つのファイルにまとめることができます。

ハワイ州はデジタル文書ワークフローで生産性向上を実現

ハワイ州政府は、文書の署名にかかる時間を数週間から数時間に短縮し、印刷物を劇的に削減しました。Adobe SignとAcrobat DC、Microsoft SharePointを導入した成果です。

業界をリードする、アドビの信頼性の高いテクノロジーを活用

セキュリティ: 業界最先端のアドビのセキュリティリソース を使用して、データや文書、ブランドを保護できます。
コンプライアンス:Adobe Document Cloudのソリューションは、最も厳格な法規制および業界基準に準拠しています。 コンプライアンスを担保した、法的に有効な電子サインを簡単に利用できます。
管理: エンタープライズ版の 導入リソースと管理者ガイドを利用して、展開と管理をコントロールできます。

MicrosoftとAdobe Document Cloudのその他の連携

信頼性の高い電子サインを利用して、契約書の送信、署名、トラック、ファイリングを、時間や場所、デバイスを問わずにMicrosoft Dynamics内からおこなうことができます。
お問い合わせ先はこちら
アドビのソリューションに関する情報や、独自の環境に合わせてカスタマイズされた見積もりが必要な方は、こちらからお問い合わせください。
0120-613-884
アドビのオンラインサービスは、13歳以上のユーザーのみを対象としており、その使用には追加の利用条件および アドビのプライバシーポリシーに同意していただく必要があります。オンラインサービスは、国や言語によっては提供されていない場合や、ユーザー登録が必要な場合があり、その全体または一部が予告なく中止または変更になることもあります。また、追加料金やサブスクリプション費用が適用される場合もあります。