フル機能を活用できるAdobe Sign for Dropboxアカウントにアップグレード

DropboxとAdobe Signの連携により、直接PDFとWord文書を署名用に送信できるため、署名とそのトラッキングをかつてないスピードで完了できます。毎月文書を6件以上署名用に送信する場合は、電子サイン機能がさらに充実する以下のプランへのアップグレードをおすすめします。

個人版

署名を収集し、リアルタイムに処理状況を追跡
12,080

/年

(税別)
主な機能: 

  • 無料のAdobe Sign for Dropboxアカウントでは提供されない追加機能:
    • 毎月文書を5件以上送信
    • Microsoft Outlook、Word、PowerPointでAdobe Signを使用
    • 製品内チャットサポート
  • webブラウザーまたはモバイルアプリから署名が必要な文書の送信
  • Microsoft Outlook、Word、PowerPoint内でAdobe Signの使用
  • リマインダーと通知の設定
  • Adobe Senseiのインテリジェンスを利用して、電子サインや他の情報の入力用フィールドを自動的に追加
  • モバイルでスキャンと署名
  • 自動的に最終文書と監査証跡を保存
  • 米国のESIGN Actや欧州のeIDASなど、厳格な署名要件に準拠
  • 電子印鑑を使用して署名
おすすめ

グループ版

グループの効率を高め、各社固有の仕様に統一
46,580

/ライセンス

/年

(税別)
その他のグループ機能:

  • 2~9名のユーザーで構成される小規模なグループに最適
  • 各社固有の顧客向け署名欄を作成
  • 文書テンプレートをグループ内で共有
  • ユーザー、環境設定、各種設定をグループ版Admin Consoleで管理
0120-613-884

数量

ビジネス版

事業に合わせてカスタマイズおよび最適化
 
 
 
詳しくは、こちらからお問い合わせください
 
 
0120-61-3884
その他のグループ機能:

  • webサイトに署名可能なフォームの追加
  • Megaサイン機能を使って、署名用文書の一括送信
  • 2要素認証で署名者のID認証の強化
  • 使いやすいフォームフィールドの設定
  • フォームに質の高い計算式や条件付きロジックを追加
  • 署名者から画像を取得して表示

エンタープライズ版

既存の業務システムに電子サインを統合など大規模組織に最適
詳しくは、こちらからお問い合わせください
0120-61-3884
その他のエンタープライズ機能:

  • 事前の統合により Salesforce、 Workday、Microsoft SharePoint、Dynamics、Teams、Flowなどのエンタープライズアプリをすばやくデプロイ
  • APIを使用して、Adobe Sign機能をカスタムアプリに組み込み
  • ワークフローテンプレートを直感的なデザインツールで構築
  • 任意の責任者、承認者のワークフローを簡単に設定
  • プレミアムサポートオプションを追加

詳しくは、お問い合わせください。 Adobe Signプランを比較する

詳細につきましてはお気軽にお問い合わせください。

Adobe Signとは?
Adobe Signはエンタープライズクラスのクラウド型電子サインサービスです。紙とペンによる署名プロセスを電子サインワークフローに転換し、完全自動化します。送信、署名、トラック、署名プロセス管理が、ブラウザーやモバイルデバイスで簡単にできます。 さらに詳しく
電子サインとは何ですか。
電子サインは、電子形式の文書やフォームに対する同意または承認の意思を、法的に有効な形で記録するための手段です。電子サインは法的に有効で、テスト済み、安全であり、監査や検証が可能です。
Adobe Signの電子サインにはセキュリティが確保されていますか。
はい。アドビにとって、デジタルエクスペリエンスのセキュリティは最重要課題です。アドビでは、企業文化、ソフトウェア開発、サービスオペレーションプロセスに業界標準のセキュリティ対策をおこなっています。
Adobe Signの電子サインは法的に有効ですか。
はい。Adobe Signはセキュリティ基準および法的なコンプライアンス基準をクリアしています。電子サインは世界中ほぼすべての先進国および多くの開発途上国で法的拘束力を保有します。
請求は署名された文書の数にもとづいておこなわれるのですか?
Adobe Sign個人版とグループ版の請求は、ユーザー数にもとづきます。Adobe Signビジネス版とエンタープライズ版は、ユーザー数または処理数にもとづく請求を設定できます。
文書は毎月何件送信できますか?
使用量はプランによって異なり、ユーザー単位またはトランザクション単位での設定となります。このため、使用状況に合わせてプランを柔軟に調整が可能です。すべてのプランは、利用条件に定義された使用量制限(「使用制限」)にもとづきます。
ひとつの組織で複数の個人用アカウントを使用できますか?
Adobe Sign個人版は、ユーザー数が1人の小規模ビジネスを対象としています。利用条件では、ひとつの組織で複数の個人用アカウントの使用は許可されていません。Adobe Signグループ版はユーザー数2~9人向けです。Adobe Signビジネス版とエンタープライズ版は、ユーザー数10人以上向けです。
Adobe Sign契約で定めた上限規制があります。
アドビのオンラインサービスは、13歳以上のユーザーのみを対象としており、その使用には追加の利用条件および アドビのプライバシーポリシーに同意していただく必要があります。オンラインサービスは、国や言語によっては提供されていない場合や、ユーザー登録が必要な場合があり、その全体または一部が予告なく中止または変更になることもあります。また、追加料金やサブスクリプション費用が適用される場合もあります。
シームレスにアップグレードできるよう、新しいAdobe.comアカウントを作成するときは、Adobe Signアカウント用の電子メールと同じものをご利用ください。