Acrobat DC法人版

Acrobat DCを業務効率化やペーパーレス化のソリューションに

 

Acrobat DCグループ版とは

Acrobat DCを法人でご利用されるお客様に最適なプランです。ライセンス管理を容易にするAdmin Consoleや、予算サイクルに合わせた複数年契約、お得なボリュームディスカウントなど、個人版にはない多くのメリットがあります。企業やグループで複数ライセンスご利用の際は、ぜひAcrobat DCグループ版をご検討ください。

  • 低い初期費用で、予算管理も容易

    低い初期費用で、予算管理も容易

    年間契約プランのため、予算が立てやすく、初期費用を低く抑えられます。経費計上できるため、資産計上は不要です。VIP*契約なら、企業の予算サイクルに合わせて、13ヶ月から最長36ヶ月(官公庁は最長48か月、教育機関は60か月)までご希望の導入期間および契約応答日(更新日)を選択できます。
  • 柔軟かつ簡単なライセンス管理

    柔軟かつ簡単なライセンス管理

    ライセンスは個人ではなく会社に紐付いているため、組織の変化に応じて利用者を自由に変更できます。ライセンスの追加、割り当て、付け替えを1つの管理ツール(Admin Console)から行えるだけでなく、購入履歴や利用状況を常に把握できるので、コンプライアンスを担保できます。
  • 使いたい時に、すぐに使える

    使いたい時に、すぐに使える

    Admin Consoleから必要な時に必要な数のライセンスを追加し、メンバーに割り当てればすぐにAcrobatを利用できます。従来のように面倒な手続きは不要。注文から納品までのタイムラグがなくなり、プロジェクトを滞りなく進めることができます。
*VIPとは
VIP(アドビバリューインセティブプラン)は、法人向けのサブスクリプション型ライセンスプログラムです。VIPメンバーシップにご加入いただくと、アドビ製品の導入、運用、管理が迅速かつ簡単に行えるようになります。Acrobat DCグループ版は、このVIPを通じてお得にご購入いただけます。ご購入はお電話にて承ります。アドビストアコールセンター:  0120-613-884

 

ビジネスでAdobe Acrobat が必要な理由

どんなデバイスやOSでも文書を正確に表示


「送った資料が文字化けした」「バージョンの違いでファイルが開けなかった」という経験はありませんか。Acrobatは、PDF(Portable Document Format)の生みの親であるアドビが開発したドキュメントソリューションです。Acrobatで作成した信頼性の高いPDFなら、デバイスやOSの違いに関わらず、文書の書式や体裁を保持したまま正確に表示、印刷することができます。全世界で普及しているAcrobat Readerでの閲覧が保証されているのは、Acrobatで作成したPDFだけです。
どんなデバイスやOSでも文書を正確に表示

Adobe Acrobatで作成されたPDFは、デバイスやOSの違いに関わらず一貫して正確に表示されます。


Acrobatについて詳しくはこちら ›

大切な文書やデータを保護するセキュリティ


「文書の改変を防ぐためにPDFで配布したい」。しかし、適切なセキュリティ設定がなされていなければ意味がありません。Acrobatのセキュリティ機能を使えば、PDFの閲覧、編集、印刷などの操作を細かく制限できるので、情報の漏えいや不正な改ざんを防止できます。また、PDFツールとしては唯一、アプリケーションセキュリティ(サンドボックス技術)を採用しており、PDFを悪用したサイバー攻撃からシステムやデータを保護します。

暗号化による文書の保護
(ファイルセキュリティ)

暗号化による文書の保護(ファイルセキュリティ)

サイバー攻撃への対策
(アプリケーションセキュリティ)

サイバー攻撃への対策(アプリケーションセキュリティ)

業務効率化に役立つ充実の機能


AcrobatはPDFを作成するだけのツールではありません。スキャンやカメラで取り込んだ紙の文書をOCR処理で文字検索ができるようにしたり、PDF内のテキストや画像を変更したり、あるいは書き出して再利用したりすることもできます。また、クリックひとつでPDFをクラウドに保存し、簡単に他者と共有することも可能。共有相手は無償のAcrobat ReaderやWebブラウザーで閲覧できますので、相手にソフトウェアインストールなどの負担をかけることなく、共有することができます。
業務効率化に役立つ充実の機能

業界別 活用方法

建設・建築業界のお客様

昨今では建設工事をめぐる事件や、財務、安全性および品質における問題から、法改正などによる規制強化が図られました。経営の透明性を確保する観点から、あらゆる業務において明確な文書に基づく管理体制が求められています。そうした中、建設業界のあらゆる企業にとって、「デジタル化」により適切なガバナンスを効かせた文書管理ならびに文書活用の体制づくりは経営の最重要課題となっています。一方で、設計や施工に関する膨大な文書の作成、やり取りに、大変な時間と労力、コストがかかっているのも実情です。Adobe AcrobatとPDFを活用することで、こうした建設業界が抱える課題を解消し、社会の環境変化にも対応した安全かつ効率的な100%デジタルな文書ワークフローを実現できます。

文書業務にまつわる様々な課題

・文書作成に要する膨大な作業量

・時間のかかる社内外との共有

・長期保存など法規制への対応

・情報漏えいや改ざんの不安

建設業界 文章業務

製造業界のお客様

製造業の現場では、企画から設計、調達、生産、販売にいたるまでのワークフローの中で大量の文書が発生し、それらは部門との間で、あるいは国内外の取引企業との間で頻繁にやり取りされています。しかし、紙の書類や様々な形式のデジタル文書がいたる所に分散し、整理や検索、共有や管理に大変な時間とコストをかけている企業も少なくありません。膨大に蓄積された文書は企業にとって知的財産であり、経営の要です。非効率的な文書業務が、製品の市場投入を遅らせ、競争力の低下を招く要因といっても過言ではありません。Adobe AcrobatとPDFを活用することで、エンジニアリングワークフローで発生する様々な文書業務を100%デジタル化し、企業の最重要課題である業務効率化、コスト削減、セキュリティ強化が容易に実現できます。

文書業務にまつわる様々な課題

・必要な文書がすぐに見つからない

・煩雑になりがちな文書の確認作業

・時間のかかる承認・契約締結業務

・情報漏えいや改ざんの不安

製造業界 文章業務

Acrobat 導入実績企業

Acrobatを活用して業務効率化やコスト削減を実現した企業をご紹介します。
 
お客様導入事例を見る ›

 

よくある質問

  • 1. 組織のメンバーは既にAcrobat 個人版を持っています。Acrobatグループ版に切り替えることはできますか?
    はい。Acrobat個人版は、キャンセル料金なしで Acrobatグループ版にアップグレードできます。ご希望の場合は、カスタマーケアにご連絡ください。お手続きの際には以下の情報をご用意ください。
    ・グループ版メンバーシップの代表管理者のAdobe ID・代表管理者の電話番号・グループ版メンバーシップに切り替える個人版メンバーシップのAdobe ID、または、Acrobatグループ版に招待したメンバーが既に個人版メンバーシップを持っている場合、そのメンバーがAcrobatグループ版の招待を(自分のAdobe IDを使用して)承認するだけでグループ版に切り替えでき、個人版メンバーシップの解約を促すメッセージが自動的に表示されます。
    3. Acrobatグループ版は販売店で購入できますか?
    はい。 こちらより販売店を検索してください。Acrobatグループ版はアドビから直接ご購入いただくこともできます。 こちらからお買い求めください。
  • 2. デスクトップアプリケーションはインターネットに接続していないと使用できませんか?
    いいえ。メンバーシップを確認するために30日ごとにライセンス認証がバックグランドで動作していますが、最長99日に1回のみインターネットに接続していただくだけです。

Acrobat XIのサポートは

2017年10月15日に終了しました。


安心してお使いいただくためにも最新版へのアップグレー
をお勧めします。
 
 
アドビのオンラインサービスは、13歳以上のユーザーのみを対象としており、その使用には追加の利用条件および アドビのプライバシーポリシーに同意していただく必要があります。オンラインサービスは、国や言語によっては提供されていない場合や、ユーザー登録が必要な場合があり、その全体または一部が予告なく中止または変更になることもあります。また、追加料金やサブスクリプション費用が適用される場合もあります。