重要な文書は、さらに機能が充実した最新バージョンのReaderで

  • Acrobat Reader DC

    無償のAcrobat Reader DCでは、PDFの表示、印刷、注釈の追加が可能です。
  • Acrobat Pro DC

    PDFの編集、変換、署名が可能です。体験版終了後もPDFを表示可能です。
    クレジットカードは必要ありません。

最先端のPDFビューアで、仕事がもっとはかどる

PDFとはPortable Document Format(PDF)は、ソフトウェア、ハードウェア、OS(オペレーティングシステム)に関係なく、文書を確実に表示および交換するために使用されるファイル形式です。PDFの閲覧を目的とされる方は、Adobe Acrobat Readerを、編集や保護などPDFの活用を目的とされる方はAcrobat Pro DCをご利用ください。

 

Acrobat Reader

PDFの表示、印刷、注釈の追加、Document Cloudと連携させることで無償で5GBのストレージを利用可能。

無料

おすすめ

Acrobat Pro DC

PDFの編集、Office形式への書き出し、署名、PDFの保護などPDFを最大限に活用できる機能が使えます。

14日間無料トライアル

クレジットカードは必要ありません
PDFの閲覧

PDFの印刷

PDFに注釈を入れる

PDFの作成

PDFをOffice形式や画像形式に書き出し

他者の編集や印刷を制限

ISOとアクセシビリティ標準への準拠

最先端のPDFリーダーで、仕事をもっと便利に

スキャン機能の活用

Acrobat Reader DC モバイル版アプリのスキャン機能を活用することで、紙の書類、契約書、名刺、レシート、ホワイトボードのメモなど、あらゆる文書をデジタル化して保存、管理できるようになります。

PDFを表示して、注釈を追加

Acrobat Reader DCでは、PDFを開いて表示するだけでなく、豊富な注釈ツールを使用して、簡単に注釈を追加することができます。

簡単なファイルアクセス

Acrobat ReaderDCはAdobe Document Cloudと連携しているので、どこからでもPDFに対して作業できます。Acrobat DCのインターフェイスから、Box、Dropbox、Microsoft OneDriveアカウントのファイルを開き、保存することもできます。

Adobe Acrobat Proで、仕事をもっと便利に

情報コンテナとしてのドキュメントソリューション

Acrobatを使用すれば、構造化されたPDFを作成することが可能です。作成元のファイルや動画、レイヤ一、メタデー夕、暗号化、電子署名などあらゆる情報を1つのPDFに格納することができます。単なる文書フォーマットではなく、閲覧性、再利用性、安全性に優れた情報コンテナとして活用することができます。

PDFの作成・編集・活用機能 が充実

Office形式の文書や画像、ウェブサイトからPDFを作成。また、もっている資料がPDFでしかない、PDFに含まれるコンテンツを再活用したい、という時に、AcrobatがあればPDF化したファイルを直接編集することも、あるいはWordやPowerPointに戻して再編集することも可能です。

文書に関わるセキュリティ を担保

「文書の改変を防ぐためにPDFで配布したい」。しかし、適切なセキュリティ設定がなされていなければ意味がありません。Acrobatのセキュリティ機能を使えば、PDFの関覧、編集、印刷などの操作を細かく制限できるので、情報の漏えいや不正な改ざんを防止できます。


サービスを追加してReaderをさらに活用してください。

ニーズに合わせてReaderをカスタマイズできます。サービスの追加であれば、Acrobat Readerで使用したい機能のみのお支払いとなります。
アドビのオンラインサービスは、13歳以上のユーザーのみを対象としており、その使用には追加の利用条件および アドビのプライバシーポリシーに同意していただく必要があります。オンラインサービスは、国や言語によっては提供されていない場合や、ユーザー登録が必要な場合があり、その全体または一部が予告なく中止または変更になることもあります。また、追加料金やサブスクリプション費用が適用される場合もあります。