Word、ExcelまたはPowerPointファイルをPDFに変換

Office文書をPDFとして保存します。

重要なMicrosoft文書を共有することになったら、Word、Excel、Outlook、PowerPointに組み込まれたAcrobatリボンを使用してPDFに変換しましょう。簡単に保護でき、どのデバイスの画面でも適切に表示される高品質なPDFを保存、共有しましょう。
OfficeアプリケーションからPDFへの変換

OfficeアプリケーションからPDFへの変換

もとのファイルのフォントを埋め込み、正確な書式情報が含まれるPDFを共有しましょう。オンラインでも、デスクトップからでも、OfficeアプリケーションからAcrobat DCを使用してPDFに変換すれば、簡単です。
Microsoft OfficeからPDFをフル活用

Microsoft OfficeからPDFをフル活用

Adobe PDFは、Windows版のWord、Excel、PowerPointから簡単に作成および共有できます。レビュー用に送信したり、PDFの編集を制限することもできます。Macでは、WordファイルをAcrobatリボンからワンクリックでリッチPDFに変換できます。
目に見えない設定もそのままに

目に見えない設定もそのままに

Acrobatなら、Office文書のレイアウトや書式設定もすべて維持したPDFを作成できます。そのため、後でOfficeファイルへ戻すのも簡単です。
どこからでもPDFを作成

どこからでもPDFを作成

PDFで作業するためにデスクにかじりついている必要はありません。モバイルデバイスまたはオンラインのPDFサービスを利用して、Microsoft OfficeファイルをPDFに変換できます。また、どんな場所からでもデバイスを問わず、最近表示したファイルにアクセスできます。

使い方ガイド


Windows版Microsoft Officeで、Word、Excel、PowerPointファイルを保護されたPDFに変換する方法:

  1. Officeアプリケーションでファイルを開きます。

  2. Acrobatリボンの「PDFを作成」ボタンをクリックします。

  3. 表示されたダイアログボックスで「PDFを保護」を選択します。

  4. 次のダイアログボックスで、必要に応じてパスワードとファイルへのアクセス権を設定し、他のユーザーによるファイルのコピーや編集を制限します。

  5. OK」をクリックし、PDFの名前を指定して、目的の場所に保存します。

最適なAcrobat DCプランをお選びください。

アドビのオンラインサービスは、13歳以上のユーザーのみを対象としており、その使用には追加の利用条件および アドビのプライバシーポリシーに同意していただく必要があります。オンラインサービスは、国や言語によっては提供されていない場合や、ユーザー登録が必要な場合があり、その全体または一部が予告なく中止または変更になることもあります。また、追加料金やサブスクリプション費用が適用される場合もあります。