Adobe Acrobat DC

簡単にできるPDFの パワーポイント 変換

PDFファイルを編集可能なPowerPointファイルに変換すれば、新しいプロジェクトにすぐに取り掛かることができます。

 

 

Adobe Acrobat DC

簡単にできるPDFの パワーポイント 変換

PDFファイルを編集可能なPowerPointファイルに変換すれば、新しいプロジェクトにすぐに取り掛かることができます。

PDFをPowerPointに変換
Adobe Acrobat DCの変換ツールを使ってPDFをPowerPointファイルに変換すれば、プレゼンテーションを簡単に作成し、保存できます。Acrobatでは、職場でも外出先でも、オンラインでPDFをPPTファイルやPPTXファイル形式へ変換できます。
本格的なプレゼンテーション

本格的なプレゼンテーション

スライドは画像を追加すれば終わりではありません。Acrobat PDF converterなら、数回のクリックで書式を維持したままPDFをPowerPointプレゼンテーションに変換できます。
どこからでも編集

どこからでも編集

プレゼンテーションは、ブラウザーやモバイルデバイスを使ってどこからでも編集でき、時間の無駄がありません。変換エラーの心配も不要です。Acrobatを使用すると、ファイルを簡単に変換できます。
書式の設定が不要

書式の設定が不要

PDFの書式を維持したまま新しいPowerPointファイルを作成できるため、箇条書き、表、オブジェクト、マスターレイアウトを設定し直す必要がありません。
必要な部分のみを書き出し

必要な部分のみを書き出し

Adobe Acrobat DCの変換ツールでは、PDF内の必要な部分のみを選択してPowerPointにすばやく簡単に書き出すことができます。選択したコンテンツが強調表示され、AcrobatがPowerPoint形式に変換します。

まずお試しください。

アドビのオンラインツールを使って、PDFから書式設定済みのPowerPointプレゼンテーションを作成できます。作成したプレゼンテーションはどこからでも編集できます。お使いのブラウザーまたはモバイルデバイスから直接お試しください。

まずお試しください。


アドビのオンラインツールを使って、PDFから書式設定済みのPowerPointプレゼンテーションを作成できます。作成したプレゼンテーションはどこからでも編集できます。お使いのブラウザーまたはモバイルデバイスから直接お試しください。

使い方ガイド


PDFをPowerPointに変換する方法:

  1. Acrobatでファイルを開きます。

  2. 右側のパネルのPDFを書き出しツールをクリックします。

  3. 書き出し形式にPowerPointを選択します。

  4. 「書き出し」をクリックします。PDFにスキャンされたテキストが含まれている場合は、テキスト認識機能が自動的に実行されます。

  5. PowerPointファイルの名前を指定し、目的の場所に保存します。

操作画面

PDFをPowerPointに変換

PDFをPowerPointファイルに変換する方法:


  1. Acrobat DCでPDFドキュメントを開きます。
  2. 右側のパネルのPDFを書き出しツールをクリックします。
  3. 書き出し形式にMicrosoft PowerPointを選択します。
  4. 「書き出し」をクリックします。PDFにスキャンされたテキストが含まれている場合は、光学式文字認識(OCR)が自動的に実行されます。
  5. 新しいファイルとして保存:
    ファイル名を指定して「保存」ボタンをクリックします。これで終了です。

まずお試しください。

アドビのオンラインツールを使って、PDFから書式設定済みのPowerPointプレゼンテーションを作成できます。作成したプレゼンテーションはどこからでも編集できます。お使いのブラウザーまたはモバイルデバイスから直接お試しください。

まずお試しください。


アドビのオンラインツールを使って、PDFから書式設定済みのPowerPointプレゼンテーションを作成できます。作成したプレゼンテーションはどこからでも編集できます。お使いのブラウザーまたはモバイルデバイスから直接お試しください。

関連機能


最適なAcrobat DCプランを選択してください。

アドビのオンラインサービスは、13歳以上のユーザーのみを対象としており、その使用には追加の利用条件および アドビのプライバシーポリシーに同意していただく必要があります。オンラインサービスは、国や言語によっては提供されていない場合や、ユーザー登録が必要な場合があり、その全体または一部が予告なく中止または変更になることもあります。また、追加料金やサブスクリプション費用が適用される場合もあります。