PDFのパスワードとファイルへのアクセス権の適用
PDFのパスワードとファイルへのアクセス権の適用

PDFのパスワードとファイルへのアクセス権の適用

機密性の高い文書を確実に保護します。

機密情報を扱う時は、責任をもって保護する必要があります。Acrobat DCなら、どのアプリケーションを使用していても、日常業務の一環として手軽にPDFを保護できます。
保護されたPDFをOfficeアプリケーションで作成

保護されたPDFをOfficeアプリケーションで作成

Windows版のMicrosoft Word、Excel、PowerPoint、Outlookなら、「編集の制限」を有効にするだけで、PDFの情報のコピーや改変を禁止できます。
パスワードによる保護を適用

パスワードによる保護を適用

PDFへのアクセスを制御する方法の1つとして、パスワードを設定しましょう。これで、パスワードを入力しないと文書を開くことができなくなります。
アクションを使用してPDFに保護を適用

アクションを使用してPDFに保護を適用

Acrobat Pro DCの「重要情報を配布」アクションを使用すると、墨消しによる情報秘匿、パスワード保護、保存時の編集およびコピー制限の自動適用などの手順が案内されます。
社内での一貫したファイルの保護を実現

社内での一貫したファイルの保護を実現

独自に設定したパスワードやアクセス権などをセキュリティポリシーとして保存しておけば、いつでも同じセキュリティを適用できます。

使い方ガイド


Windows版OfficeアプリケーションでPDFを保護する方法:

  1. Officeアプリケーションで、Acrobatリボンの「PDFを作成」ボタンをクリックします。

  2. ファイル名を入力し、「編集を制限」を選択します。

  3. 表示されるセキュリティダイアログボックスで、必要に応じてパスワードとアクセス権を設定します。

  4. 「OK」をクリックしてから、「保存」をクリックします。

最適なAcrobat DCプランを選択してください。

アドビのオンラインサービスは、13歳以上のユーザーのみを対象としており、その使用には追加の利用条件および アドビのプライバシーポリシーに同意していただく必要があります。オンラインサービスは、国や言語によっては提供されていない場合や、ユーザー登録が必要な場合があり、その全体または一部が予告なく中止または変更になることもあります。また、追加料金やサブスクリプション費用が適用される場合もあります。