Adobe Acrobat DC

PDFのOCRテキスト認識

Adobe Acrobatでは光学文字認識(OCR)技術を採用しているため、スキャンした文書からテキストを抽出したり、編集可能で検索可能なPDFに変換したりできます。

 

 

Adobe Acrobat DC

OCRを使用して、スキャンで作成したPDFを簡単に編集できます。

Adobe Acrobatでは光学文字認識(OCR)技術を採用しているため、スキャンした文書からテキストを抽出したり、編集可能なPDFに変換したりできます。

Adobe AcrobatのOCR
再入力、書式の再設定、再スキャンなど、スキャンしたテキストファイルの更新は煩雑な作業ですが、Acrobatなら簡単です。Adobe Acrobatでは、スキャンした文書を、編集可能なテキストとカスタムフォントを備えたPDFにすばやく変換できます。元のファイルと同じような外観が維持されます。
簡単に変換

簡単に変換

光学文字認識(OCR)技術により、Acrobatはテキストコンバーターとして機能し、スキャンして作成された文書や画像からテキストを自動的に抽出し、PDFの編集可能なテキストに変換します。
フォントを合わせる

フォントを合わせる

Acrobatはテキストとテキスト形式を認識できます。カスタムフォントの自動生成機能により、新しいPDFが元の印刷物と一致するという安心感を得られます。
Officeとの連携

Officeとの連携

新しいPDFを他のアプリで編集することもできます。Microsoft Word(DOCX)ドキュメント、他のOfficeファイル(PPTやXLS)またはプレーンテキストドキュメント(TXTファイル)にカットアンドペーストまたはエクスポートするだけです。
アーカイブに最適

アーカイブに最適

テキストの検索やコピーができるスマートなPDFとして保存することで、文書の外観を完全に維持し、編集機能を制限できます。

スキャンして作成した文書を編集する方法:


  1. スキャンされた画像を含むPDFをAcrobatで開きます
  2. 右側のパネルのPDFを編集ツールをクリックします。自動的に文書にOCR(光学式文字認識)処理が施され、完全に編集可能なPDFに変換されます。
  3. 編集する要素をクリックし、入力を開始します。新しく入力するテキストの外観は、スキャンされた元の画像のフォントと同じになります。
  4. ファイル/名前を付けて保存を選択し、編集可能な文書に新しい名前を付けます。

まずお試しください。

アドビのオンラインツールで、スキャンしたWord文書、TXTファイル、画像などを編集可能なPDFに変換できます。書式設定の維持、文書の書き出しなどをブラウザーから直接おこなえます。

まずお試しください。


アドビのオンラインツールで、スキャンしたWord文書、TXTファイル、画像などを編集可能なPDFに変換できます。書式設定の維持、文書の書き出しなどをブラウザーから直接おこなえます。

最適なAcrobat DCプランをお選びください。