既存のフォームを入力可能なPDFに
既存のフォームを入力可能なPDFに

既存のフォームを入力可能なPDFに

Acrobatを使用して、紙のフォームまたはMicrosoft Wordのフォームを入力可能なフォームに変換できます。

Acrobat DCを試してみる
紙をスキャンした文書や、Microsoft WordやExcelで作成した電子ファイルから、Acrobat DCが文書内の記入枠を自動認識して、入力可能な電子フォームに変換します。
入力可能フォームに変換

入力可能フォームに変換

Acrobatでは、紙をスキャンした文書や電子文書をPDFに変換する際に、手書きの回答記入欄(フォームフィールド)を自動的に認識し、入力可能な電子フォームに変換します。
フォームをすばやく編集

フォームをすばやく編集

フィールドの移動、見出しの変更、ボタンの挿入の他、フォームフィールドの追加、削除、編集や、署名フィールドの作成も可能です。計算やデータ検証ルールを追加することもできます。
入力可能なPDFによる情報収集

入力可能なPDFによる情報収集

フォームを電子メールで送付するか、ローカルまたは会社のサーバーに保存したフォームのリンクを送信します。回答状況を表示して、未回答のユーザーに通知を送信することもできます。
JavaScriptを使ってインタラクティブ機能を追加

JavaScriptを使ってインタラクティブ機能を追加

フォーム内の書式、計算、検証ルールに手を加えたり、ボタンにアクションを割り当てます。

使い方ガイド


入力可能なPDFフォームを作成する方法:

  1. Acrobatで「ツール」タブをクリックし、「フォームを準備」を選択します。

  2. ファイルを選択するか、文書をスキャンします。Acrobatによって文書が分析され、フォームフィールドが自動的に追加されます。

  3. 上部のツールバーから新しいフォームフィールドを追加し、右側のパネルのツールを使用してレイアウトを調整します。

  4. 入力可能なPDFフォームを保存して、他のユーザーと共有するか、「配布」をクリックして自動的に回答を収集します。

Adobe Sign

Adobe Sign:法的に有効な電子サインソリューション

Adobe Signは既存のシステムやプロセス内で動作するため、組織の規模にかかわらず、組織全体で電子サインおよび100%デジタルなワークフローを実現する一方で、業界最先端のセキュリティ標準でお客様のデータを保護します。

最適なAcrobat DCプランを選択してください。

アドビのオンラインサービスは、13歳以上のユーザーのみを対象としており、その使用には追加の利用条件および アドビのプライバシーポリシーに同意していただく必要があります。オンラインサービスは、国や言語によっては提供されていない場合や、ユーザー登録が必要な場合があり、その全体または一部が予告なく中止または変更になることもあります。また、追加料金やサブスクリプション費用が適用される場合もあります。