Adobe Acrobat

新機能リリース情報

アドビは今後もイノベーションを追求していきます。サブスクリプションにご登録いただくと、新機能がリリースされたらすぐに利用できます。

Adobe Acrobat

新機能リリース情報

アドビは今後もイノベーションを追求していきます。サブスクリプションにご登録いただくと、新機能がリリースされたらすぐに利用できます。




IT管理者は、Googleドライブに組み込まれたPDFと電子サインのワークフローをデプロイできるため、Googleを有効に活用できます。

 



AndroidスマートフォンでPDFを編集

 

PDF内のテキストの変更、書式設定、リストの編集、画像の追加、回転、サイズ変更などがAndroidスマートフォンで簡単にできます。

 

PDFに星印を付ける

 

ファイルに星印を付けるだけで、重要なファイルを手元に保持できます。Document Cloudに保存された星印付きのファイルは、どのデバイスでもホームビューから利用できます。

 

ファイルメニューの新しいシンプルなツール

 

ファイルサイズを削減しパスワード保護をおこなう新しいシンプルなツールが、ファイルメニューで利用できるようになりました。

 


フォーム準備機能の強化

 

フォーム準備ツールの新しい編集機能により、フォーム内とフォームフィールド内でもテキストを追加したり編集したりできるようになりました。ユーザーは、フォームのオーサリングワークフローを、既存のPDFなし、またはスキャンしなくてもゼロから開始できます。

複数の署名者向けの、シンプルなオーサリング

 

Acrobat内で、複数の署名者を必要とするフォームを簡単に作成できるようになりました。

 

PDF内のコンテンツをAdobe Document Cloudで検索

 

検索機能が拡張され、ファイル名だけではなくPDF内の全コンテンツが対象になりました。

 



iPhoneでPDF編集

 

PDF内のテキストの変更、書式設定、リストの編集、画像の追加、回転、サイズ変更など、

iPhoneで簡単に様々な操作ができます。

 



SharePoint統合の機能強化

 

効率的なPDFツールと新しいAcrobat PDFウェブビューアがMicrosoft SharePointとOneDriveに内蔵されました。デプロイと管理も、Microsoft Office 365の管理ツールで簡単にできます。

 

入力と署名ツールを統合

 

入力と署名、Adobe Sign(旧「署名用に送信」)が1つのツールに統合され、対象となる文書に、自分で入力と署名をおこなうことも、デスクトップコンピューターから他の人に署名してもらうこともできます。

 

「検索」操作性の強化

 

入力と署名、Adobe Sign(旧「署名用に送信」)が1つのツールに統合され、対象となる文書に、自分で入力と署名をおこなうことも、デスクトップコンピューターから他の人に署名してもらうこともできます。

 




PDFを添付するのではなく、PDFのリンクを送信します。受信者はリンクをクリックするだけで、あらゆるデバイスとwebブラウザーでPDFを表示して、注釈を追加できます。

 

PDFをすばやくレビュー

 

レビュー担当者が何人いても送信するのは1つのリンクを含めた1つの電子メールだけ。1つのオンラインファイルで全員のフィードバックをトラックできます。

 

仕事をやりこなす

 

デスクトップPC、モバイルおよびwebで文書を管理し、共有した文書をトラックできます。

 


署名のトラック管理がシンプルに

 

進捗状況のトラック、リマインダーの送信、依頼の取り消し、署名者の変更、署名用に送信した文書の履歴表示は、新しいホームビューから簡単に操作できます。

 

すばやくフォームに記入して安全に共有

 

自動ツール選択を使って、フォームにすばやく記入できます。記入が完了したフォームはロックしてリンクを共有し、安全なオンライン環境に保存できます。

 

iOSおよびAndroidタブレットでPDFを編集

 

Acrobat Pro DCサブスクリプション版をお持ちなら、Acrobat Readerモバイルアプリで、テキストや書式の変更、リストの編集、画像の追加、回転、サイズ変更ができます。

 



Microsoft Office 365アプリ用の新しいDocument Cloudアドインを使用することで、最大限にその環境を活用できます。

 

無料のAdobe Scanアプリでは、スキャンした英語の名刺から自動的に連絡先を作成できます。

 





電子サインをすぐに簡単に入手

 

署名用文書の送信が驚くほど簡単になるワークフロー

 

アクセシビリティを強化

 

強化された表編集とカスタムタグ付け機能により、タグ付けされたPDFの正確性を保証します。

 

 

無料のAdobe Scanモバイルアプリが自動的に画像の中の文書を検出します。

 



Acrobatをモニター間で移動

 

自動サイズ変更により、どんな解像度のモニターでもAcrobatは最適に表示されます。


強化されたアクセシビリティ

 

タグツリーは、前回PDFを保存したときの状態から再開できるようになりました。また、ページを整理するときの自動調整機能が強化されました。





Mac向け変換機能の向上

 

Macでは、Microsoft WordのAcrobatリボンからリッチPDFをワンクリックで作成できます。


Acrobatの手動アップデートは不要。Adobe Update Server SetupツールとRemote Update Managerで制御できます。






新しくなったファイル比較ツールでは、2つのPDF間の相違点をすばやく正確に検出できます。


デジタルIDで証明

 

証明書ツールが機能強化され、文書の電子署名、証明、検証が容易にできます。


DirectInkで描画

 

Windows 10デバイスでは、指先またはデジタルペンで、PDFに文字をよりなめらかに描画できます。




使いやすい注釈機能

 

タッチ操作に適したインターフェイスに再設計され、迅速で明確なフィードバックのやり取りをこれまでよりも簡単におこなうことができます。

 

BoxやOneDriveとの連携

 

Acrobat DCのインターフェイスから、BoxやMicrosoft OneDriveアカウントのファイルを開き、保存することができます。

 

より簡単にスキャンしてPDFを作成

 

スキャンしてPDFを作成するワークフローを刷新。スキャンオプションの設定により、最適な結果を実現できます。



完全な読み上げオプション

 

「ホーム」ビューと「別名で保存」オプションのスクリーンリーダーでの読み上げが可能になり、アクセシビリティが向上します。

 

テーマの選択

 

好みに合わせてAcrobatの外観を変更できます。デフォルト設定以外のオプションもご用意しています。


Macで共有注釈に送信と管理

 

MacからPDFを送信し、SharePointを使った共有注釈により複数の担当者からのレビューコメントを迅速に集約することができます。




ビューの選択

 

タブを横または縦に並べて表示できるようになり、複数のPDFを並べて表示することが容易になりました。


SharePointレビューをホスト

 

Office 365ユーザーは、SharePoint上の共有レビューをとおして共同作業が可能になりました。


Macユーザー向けの新機能

 

Office 2016 for Macが完全にサポートされ、MacユーザーもSharePointベースの共有レビューに参加できるようになりました。

 




署名の同期

 

モバイルデバイスで手書きの署名を撮影し、デスクトップのAcrobatに同期することで、オフィスでも外出先でもPDFに署名できます。


Acrobat DCまたはAcrobat Reader DCデスクトップアプリに、直接Dropboxにアクセスしてファイルを開いたり保存したりできる機能が付きました。


クリエイティブアプリのフォーマットを変換

 

デスクトップでもモバイルデバイスでも、Adobe Photoshop(PSD)、Illustrator(AI)、InDesign(INDD)形式のファイルを簡単にPDFに変換できます。



ファイルのプレビュー

 

Acrobatのホームビューで、ファイルのプレビューを確認し、よく使うタスクやツールを直接呼び出すことができます。


複数開いたPDFをタブで切り替え

 

タブ表示機能により、複数のPDFをすべて1つのウィンドウ内に開き、タブをクリックまたはタップして切り替えることができます。


カメラ画像の画質補正

 

境界線検出、遠近感補正、テキストシャープネスの改良により、ファイル調整の処理速度が15%以上アップしました。




入力と署名ツールで、入力可能なPDFに電子サインを追加できます。


複数のユーザーに署名依頼を送信

 

複数人からの署名を受け付けるPDFを準備できるようになりました。


変換して署名用に送信

 

様々な種類のファイルを、Acrobatでの署名用に送信できます。電子署名フィールドは必要に応じて追加できます。




Acrobat Reader DCモバイル版アプリがあれば、簡単に仕事を持ち運んで、どこでも仕事をこなすことができます。


ファイルはすべてクラウド内に保存されているため、どのデバイスでも簡単にファイルを開いて作業の続きができます。


手書きまたは数回のクリック操作で、法的効力のある署名を文書に追加できます。署名済み文書の送信、トラック、保存も簡単です。



紙か電子かを問わずあらゆるフォームをPDFに変換し、瞬時に記入、署名、送信できます。もう紙に印刷する必要はありません。


モバイル版アプリとAcrobat Proのサブスクリプションがあれば、テキストの編集やPDFページの整理をどこでも実行できます。


紙文書やホワイトボードをカメラで撮影し、検索や共有が可能な最高品質のPDFを作成できます。


最適なAcrobat DCプランをお選びください。


Acrobat Standard DC

信頼性の高いPDF作成、編集、署名ツール

(Windows版)

1,380

/月

1,380 円

年間契約が必要です。

 

グループ版ライセンスもご利用いただけます。詳細を見る

人気製品

Acrobat Pro DC

あらゆるデバイスのための総合PDFソリューション

(Windows版/Mac版)

1,580

/月

1,580 円

年間契約が必要です。


 

グループ版ライセンスもご利用いただけます。詳細を見る

お問い合わせ先はこちら

Acrobatのエキスパートが対応します。

Questions? Let's chat.

 

Acrobat Readerをお探しの方はこちら