文書業務にまつわる様々な課題

文書業務にまつわる様々な課題
必要な文章がすぐ見つからない
文章の作成や修正に時間がかかる
社内外の情報共有がうまくいかない
情報漏洩や改ざんへの不安
紙の書類を簡単に電子化し、効率的に管理
紙の書類を簡単に電子化し、効率的に管理

紙の書類を簡単に電子化し、効率的に管理

紙で保管された書類をスキャンまたは撮影し、OCR処理を行いながら検索可能なPDFに変換できるほか、形式の異なる複数のファイルを一度にPDF変換し、1つのファイルに束ねて管理することができます。また、開いている文書内の文字検索および置換はもちろんのこと、特定の場所に保存された全てのPDFを検索対象にすることも可能です。Acrobatは国際標準規格(ISO)に準拠した信頼性の高いPDFが作成できるので、長期間にわたり安心して文書を保管、活用することができます。

紙の書類を簡単に電子化し、効率的に管理

紙で保管された書類をスキャンまたは撮影し、OCR処理を行いながら検索可能なPDFに変換できるほか、形式の異なる複数のファイルを一度にPDF変換し、1つのファイルに束ねて管理することができます。また、開いている文書内の文字検索および置換はもちろんのこと、特定の場所に保存された全てのPDFを検索対象にすることも可能です。Acrobatは国際標準規格(ISO)に準拠した信頼性の高いPDFが作成できるので、長期間にわたり安心して文書を保管、活用することができます。
文書の修正や再利用にかかる手間を軽減

文書の修正や再利用にかかる手間を軽減

PDF内で直接テキストや画像を編集できるため、元ファイルがなくても誤字の修正や写真の入れ替えが可能なほか、変更前のPDFと変更後のPDFを自動的に比較し、相違点をハイライトで表示できるので、変更箇所をもれなく確認できます。また、PDFをWord、Excel、PowerPointの形式に書き出して、簡単に再利用できます。そして既存の文書から電子フォーム付きのPDFを作成できるので、データの回収および集計作業を効率化できます。
文書の修正や再利用にかかる手間を軽減

文書の修正や再利用にかかる手間を軽減

 
PDF内で直接テキストや画像を編集できるため、元ファイルがなくても誤字の修正や写真の入れ替えが可能なほか、変更前のPDFと変更後のPDFを自動的に比較し、相違点をハイライトで表示できるので、変更箇所をもれなく確認できます。また、PDFをWord、Excel、PowerPointの形式に書き出して、簡単に再利用できます。そして既存の文書から電子フォーム付きのPDFを作成できるので、データの回収および集計作業を効率化できます。
社内外のコミュニケーションをスムーズに
社内外のコミュニケーションをスムーズに

社内外のコミュニケーションをスムーズに

相手にリンクを送信するだけで、デバイス問わずPDFを閲覧できるほか、その状況を追跡・管理できます。そして「共有レビュー」を使うことで、関係者全員がリアルタイムに文書を共有できるほか、相互に注釈を書き込めるので、情報の伝達と意識合わせをスムーズに行えます。また、承認者がどこにいても文書を確認・署名し、自動的に次の承認者に回せます。信頼性の高い電子サイン機能を搭載しているため、将来的な不動産契約の電子化に今から備えることができます。

社内外のコミュニケーションをスムーズに

相手にリンクを送信するだけで、デバイス問わずPDFを閲覧できるほか、その状況を追跡・管理できます。そして「共有レビュー」を使うことで、関係者全員がリアルタイムに文書を共有できるほか、相互に注釈を書き込めるので、情報の伝達と意識合わせをスムーズに行えます。また、承認者がどこにいても文書を確認・署名し、自動的に次の承認者に回せます。信頼性の高い電子サイン機能を搭載しているため、将来的な不動産契約の電子化に今から備えることができます。
高度なセキュリティ機能で機密情報を保護

高度なセキュリティ機能で機密情報を保護

パスワードによる暗号化により、PDFの閲覧および内容に対する操作を、用途や送る相手に応じて制御できます。また、デジタルID(電子証明書)による電子署名と暗号化で、文書の作成・発行元を保証し、不正な改ざんを防ぐことができます。文書内の秘匿情報をマークして削除したり、メタデータや注釈などの非表示情報を検索して削除することができるほか、PDFに対するセキュリティの設定をポリシーとして保存、共有することで、社内文書全体に一貫したセキュリティを簡単かつ確実に適用することができます。
高度なセキュリティ機能で機密情報を保護

高度なセキュリティ機能で機密情報を保護

パスワードによる暗号化により、PDFの閲覧および内容に対する操作を、用途や送る相手に応じて制御できます。また、デジタルID(電子証明書)による電子署名と暗号化で、文書の作成・発行元を保証し、不正な改ざんを防ぐことができます。文書内の秘匿情報をマークして削除したり、メタデータや注釈などの非表示情報を検索して削除することができるほか、PDFに対するセキュリティの設定をポリシーとして保存、共有することで、社内文書全体に一貫したセキュリティを簡単かつ確実に適用することができます。

 

導入事例

 

Acrobat DCを活用して業務効率化やコスト削減をした企業をご紹介します。

株式会社 東京舞台照明で実現した大量の紙の図面、CAD画面を誰でも見られるPDFにすることで得た効率化とは?

株式会社日立製作所では、グループ各社のライセンス管理を一元化し、セキュリティを担保しながらユーザーが手軽にクラウドサービスを利用しています。

不動産業界向けAcrobat DC活用ガイド

 

不動産業特有の文章管理にまつわる課題を解決する具体的な方法をご紹介していきます。

アドビのオンラインサービスは、13歳以上のユーザーのみを対象としており、その使用には追加の利用条件および アドビのプライバシーポリシーに同意していただく必要があります。オンラインサービスは、国や言語によっては提供されていない場合や、ユーザー登録が必要な場合があり、その全体または一部が予告なく中止または変更になることもあります。また、追加料金やサブスクリプション費用が適用される場合もあります。