Acrobat DC、次世代の最高品質PDFソリューション

Acrobat DCはAcrobat XIの次のバージョンです。スタンドアロンのデスクトップソフトウェアとして購入することも、デスクトップソフトウェアとオンラインサービスを併用できるサブスクリプション版を購入することも可能です。お客様のニーズに合わせてお選びください。

Acrobat DCの新機能を見る

Acrobat DCには、Acrobat XIでお馴染みのすべてのツールが揃っています。しかも、タッチ操作に適したインターフェイス、最新のモバイル機能などの目を見張る新機能が追加され、作業を効率化できるようになりました。
Dropboxに対応
デスクトップのAcrobat DCやAcrobat Reader DCのインターフェイスから直接Dropboxにアクセスしてファイルを開いたり保存したりできます。
どこからでもPDFにアクセス
Mobile Linkにより、最新のPDFはAdobe Document Cloudに安全に格納されています。どのデバイスでもファイルを開くと、簡単に作業の続きができます。
タブでPDFを複数表示

タブでPDFを複数表示

タブ表示機能により、複数の作業対象PDFをすべて1つのウィンドウ内に開き、タブをクリックまたはタップして切り替えることができます。

サブスクリプション版、永続ライセンス版どちらにしますか?

Acrobat DCをデスクトップで使用するだけであれば、買い取り式でソフトウェアを購入し、完全に所有することができます。より柔軟性を持たせる場合は、月々プランまたは年間プランのサブスクリプションを選択して、Acrobat DCデスクトップ、モバイルアプリ、オンラインサービス、e-signの常に最新の機能を利用することができます。

モバイルがあればどこでもオフィスに

Adobe Document CloudサービスがプラスされたAcrobat DCには、PDFの変換、編集、署名に必要なあらゆるツールが備わっています。抜群のモバイル対応力により、デスクで作り始めた文書を電車内で修正するのも、自宅のリビングから承認者宛てに送付するのもスムーズで簡単。ひらめきを作業に直結できます。
モバイルがあればどこでもオフィスに
どこでもe-sign

どこでもe-Sign

Acrobat DCなら、世界中10億台以上のデバイスでe-Sign機能が使えます。タッチ対応デバイスなら指先一つ、ブラウザーならクリック数回で、e-Signを文書に付加できます。Acrobat DCでは署名済み文書の送付、トラック、保管も簡単。ただの署名添付アプリではありません。

エンタープライズ版でも使用可能

Acrobat DCは、Adobe Document Cloudエンタープライズ版で利用できる安全なデジタルドキュメントソリューションの1つです。Acrobat DCとeSignサービスに加え、Webアプリやモバイル版アプリも既存のシステムに統合することで、100%デジタルのワークフローを実現してビジネスを加速することができます。
エンタープライズ版でも使用可能
Adobe PDFがよりスマートに

Adobe PDFがよりスマートに

アドビは、異なるオペレーティングシステム間での文書共有を容易にするため、20年以上も前にPortable Document Format(PDF)を開発しました。 さらに、最高品質のPDFソリューションであるAcrobatも開発しました。Acrobatやアドビのオンラインサービスを使用してPDFを作成すれば、思いどおりのフォントと書式でスマートな文書を作成できます。しかも、PDFを作成するということは単に始まりに過ぎません。
アドビのオンラインサービスは、13歳以上のユーザーのみを対象としており、その使用には追加の利用条件および アドビのプライバシーポリシーに同意していただく必要があります。オンラインサービスは、国や言語によっては提供されていない場合や、ユーザー登録が必要な場合があり、その全体または一部が予告なく中止または変更になることもあります。また、追加料金やサブスクリプション費用が適用される場合もあります。