マイクロソフト製品に最適なAdobe Signが、お使いのアプリケーションでご利用いただけるようになりました。

マイクロソフト製品のユーザーは、Microsoft Office 365、Microsoft Dynamics 365、Microsoft SharePointと連携したAdobe Signを使って、どこからでも従来以上にすばやく安全に、文書に電子サインを追加できます。

Adobe Document Cloudとは?

 
ビジネス文書のやり取りと処理を自動化し、ワークフローを高速化します。Adobe Acrobat DC、Adobe Signと、それらの強力なモバイル版アプリは既存のシステムに容易に統合可能で、優れたエクスペリエンスを提供します。 
最も安全なPDFを利用

最も安全なPDFを利用

情報が再利用できて、扱いやすいPDFを作成し、共有できます。 Adobe Acrobat DCを使えば、すばやく簡単に、安全なPDFが作成できます。
署名をすばやく取得

署名をすばやく取得

時間のかかる手作業の署名プロセスを自動化し、驚くべき速さで署名を取得できます。 Adobe Signを使えば簡単です。
あらゆるデバイスで業務を続行

あらゆるデバイスで業務を続行

パワフルな モバイルアプリにより、顧客も従業員も、場所を問わずにいつでも次のステップへ移ることができます。

お客様にとって最適なプランをお選びください。

個人

個人

世界最高峰のPDFソリューションと電子サインソリューションを利用して、作業をシンプルにできます。
企業

ビジネス

既存の業務システムに電子サイン機能を追加できます。導入および管理の方法は、自由にお選びいただけます。

アドビのお客様が、瞬く間に成し遂げた成果をご覧ください。

  • Hewlett Packard Enterprise
    Hewlett Packard Enterpriseでは、数か月かかっていた法律文書に必要な90人分の署名を、わずか数日で収集できるようになりました。
  • ハワイ州
    ハワイ州政府は、Adobe Document Cloudを利用して、迅速で効率的に住民サービスを提供できるようになりました。
  • KLM
    KLM Royal Dutch Airlinesは、1年間で、紙への印刷を100万ページ分削減しました。これは、木材120本、水1,000万リットル分の節約に相当します。

最新情報、トピック、トレンド

アドビ社員に聞くAcrobat DC 活用術:広報編
 
アドビ社員がおすすめするAdobe Acrobat DCの使いこなし術をお届けします。第3回目は広報の坂田彩。会社としての重要な対外文書であるプレスリリースの作成や配信を手がけていますが、そこではPDFの「編集制限」や「送信とトラック」、「署名用に送信」といったAcrobat DCの機能が役立っています。
Adobe Signが日本特有の承認ワークフローの押印に対応
 
このたび提供開始したAdobe Signの最新リリースではサインを施したいPDF文書に署名フィールドを追加する際の選択肢として、押印に適した正方形の印鑑専用フィールドが新たに追加されました。
モバイルファースト時代に安全な署名手段の一つとして期待されるクラウド署名
 
アドビは、本年2月に世界初のオープンスタンダードに準拠したクラウドベースの電子署名プラットフォームを公開し、6月にはAdobe Signの最新版がこれに対応しました。
ご意見をお寄せください

 

アドビのオンラインサービスは、13歳以上のユーザーのみを対象としており、その使用には追加の利用条件および アドビのプライバシーポリシーに同意していただく必要があります。オンラインサービスは、国や言語によっては提供されていない場合や、ユーザー登録が必要な場合があり、その全体または一部が予告なく中止または変更になることもあります。また、追加料金やサブスクリプション費用が適用される場合もあります。